クォーレスト、AMD Opteron 4100搭載1uラックマウントサーバ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、AMD Opteron 4100搭載1uラックマウントサーバ発売


掲載日:2011/09/27


News

 株式会社クォーレストは、Opteron 4100シリーズを搭載した、1u(高さ44.45mm)ラックマウントサーバ「Qualest RS1O41F1A」シリーズを発売した。

 「Qualest RS1O41F1A」シリーズは、高負荷が掛かるサーバ向けに開発された、低消費電力のOpteron 4100シリーズCPUを採用していて、クラウド・コンピューティングに対応できるITインフラを構築でき、電力コストの削減を図れる。1207ピンのC32ソケットを装備し、4コアまたは6コアCPUを搭載できる。また、HT(Hyper Transport)3.0 Linkをサポートし、最大毎秒6.4GBのバス・スピードを達成している。

 システム・リソースを監視・制御して、電力消費を抑えるAMD-P 2.0テクノロジーを採用したAMD SR5650/SP5100チップセットを搭載、ダイレクトコネクト・アーキテクチャ2.0を採用していて、CPUコア、キャッシュ・メモリ、メモリ・チャンネル間のインターコネクトを高速化でき、1333MHzまでのDDR3メモリをサポートする。4スロットのデュアルチャンネル・メモリバスに、64GBまでのECC Registered DIMMまたは16GBまでのUnbuffered DIMMを搭載できる。

 x86システム・アーキテクチャ向けのオンチップ拡張機能AMD-Vテクノロジー(AMD Virtualization Technology)を搭載、従来のリソースを効率的に活用できるXPモードをサポートしている。また、I/Oレベルでの仮想化に対応し、I/Oパフォーマンスとセキュリティの向上を図れる。3Gbps SATA-IIポートとUSB2.0ポートを装備し、PCI-Express2.0(x8)バスを使用できる。

 Intel 82574Lギガビット・ネットワーク・コントローラを搭載、2ポートのGbE LANを装備していて、パフォーマンスと耐障害性の向上に有効なティーミング機能をサポートしている。また、IPMI2.0専用ポートから、OS非依存でシステムを遠隔操作でき、電源オン/オフ、ハードウェアの管理・監視、外部メディアからのOSインストールなどをWebブラウザ上から実行できる。

 PWM(Pulse Width Modulation)方式のシステム冷却ファンを採用し、効率的にシステムを冷却してシステムの動作騒音の低減を図れるほか、発熱量の少ない80Plus規格に準拠した350W高効率電源を搭載している。また、EIA 1u規格に準拠し、奥行きが36.9cmと浅いため、様々なラックに適合する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】 監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート 記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036225


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ