I-Oデータ、デリバリ保守サービスに「HDL2-AH」シリーズを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、デリバリ保守サービスに「HDL2-AH」シリーズを追加


掲載日:2011/09/22


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、小規模オフィスに適したコンパクトNAS「HDL2-AH」シリーズ向けのデリバリ保守サービス「ISS-LHA」シリーズを出荷した。

 「ISS-LHA」シリーズは、製品を購入した際に同時に購入した場合、保証期間の延長と合わせ、デリバリ保守サービスを受けられるサービス。製品に異常があった場合に、フリーダイヤルの専門窓口に連絡することで、最短で翌営業日に代品が届けられる。消耗品も対象にしたハードウェア保証に加え、最長5年間まで保証を延長できる。

 3年間保守パックの「ISS-LHA-ST3」、4年間の「ISS-LHA-ST4」、5年間の「ISS-LHA-ST5」が用意されていて、価格はそれぞれ9400円、1万3200円、1万8500円。


出荷日・発売日 2011年9月20日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能 【日本ヒューレット・パッカード】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる? エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 ダイハツ工業事例:仮想化環境刷新 オールフラッシュストレージの効果 適切に管理し活用する「データレイク」とは? 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036187


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ