EMCジャパン、IBM z/OS環境向け仮想テープ装置を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、IBM z/OS環境向け仮想テープ装置を出荷


掲載日:2011/09/22


News

 EMCジャパン株式会社は、IBMのメインフレーム用OS「IBM z/OS」環境内のテープ用途(バックアップ/リカバリ、バッチ処理、DFHSM、データ・アーカイブなど)に対応した、仮想テープ装置(VTL)「EMC DLm6000」を出荷した。価格は個別見積。

 「DLm6000」は、IBM z/OSからアクセスするとテープのように見えるため、これまでテープで実施していた様々なデータ処理業務を高速に実行できる。毎秒2GB強のスループットを備えている。

 重複除外ストレージ「Data Domain DD890」とユニファイド・ストレージ「VNX7500」の双方、または一方をデータ格納先として選択することで、ストレージやレプリケーションにかかる費用を抑えられる上、災害復旧能力の向上を図れる。テープ・データは、ユーザが事前に設定することで、その使用目的に応じて適切なストレージに送られる。バックアップ・オペレーションの場合には、データ量を最小化するために重複除外ストレージに送られ、ストレージ容量と転送コストを削減できる。DFHSM移行用などの特有なデータは、プライマリ・ストレージに送られ、ほぼ即時の呼び戻しが可能。データの処理業務に応じて適切なストレージを選定することで、システムのパフォーマンスを最大化でき、データの取得/バックアップ/リカバリの時間を短縮できる。

 理論容量は5.7PBまで拡張できる。また、z/OS コンソール・サポートによりプラットフォーム管理を一元化できるほか、統合型のシステムなので、システム容量/消費電力/冷却エネルギーを削減できる。


出荷日・発売日 2011年9月21日 出荷
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ハイパーコンバージドにベストマッチなバックアップツールは見つかるか? 【arcserve Japan+他】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 【arcserve Japan+他】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入が進むハイパーコンバージドインフラ。導入や運用がシンプルになるのが特徴だが、それならバックアップもシンプルにしたい。そんなユーザーの要望に応える製品とは? 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 HCIに適したバックアップは? データを削減し効率的な方式で、負荷を最小限に 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036179


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ