EMCジャパン、IBM z/OS環境向け仮想テープ装置を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、IBM z/OS環境向け仮想テープ装置を出荷


掲載日:2011/09/22


News

 EMCジャパン株式会社は、IBMのメインフレーム用OS「IBM z/OS」環境内のテープ用途(バックアップ/リカバリ、バッチ処理、DFHSM、データ・アーカイブなど)に対応した、仮想テープ装置(VTL)「EMC DLm6000」を出荷した。価格は個別見積。

 「DLm6000」は、IBM z/OSからアクセスするとテープのように見えるため、これまでテープで実施していた様々なデータ処理業務を高速に実行できる。毎秒2GB強のスループットを備えている。

 重複除外ストレージ「Data Domain DD890」とユニファイド・ストレージ「VNX7500」の双方、または一方をデータ格納先として選択することで、ストレージやレプリケーションにかかる費用を抑えられる上、災害復旧能力の向上を図れる。テープ・データは、ユーザが事前に設定することで、その使用目的に応じて適切なストレージに送られる。バックアップ・オペレーションの場合には、データ量を最小化するために重複除外ストレージに送られ、ストレージ容量と転送コストを削減できる。DFHSM移行用などの特有なデータは、プライマリ・ストレージに送られ、ほぼ即時の呼び戻しが可能。データの処理業務に応じて適切なストレージを選定することで、システムのパフォーマンスを最大化でき、データの取得/バックアップ/リカバリの時間を短縮できる。

 理論容量は5.7PBまで拡張できる。また、z/OS コンソール・サポートによりプラットフォーム管理を一元化できるほか、統合型のシステムなので、システム容量/消費電力/冷却エネルギーを削減できる。


出荷日・発売日 2011年9月21日 出荷
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ? データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036179


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ