MOTEX、「LanScope Cat6」ユーザにSAMACソフトウェア辞書を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MOTEX、「LanScope Cat6」ユーザにSAMACソフトウェア辞書を提供


掲載日:2011/09/14


News

 エムオーテックス株式会社(MOTEX)は、IT資産管理ツール「LanScope Cat6」の保守契約ユーザを対象に、“ソフトウェア辞書”の無償提供を開始した。

 “ソフトウェア辞書”は、約3万5000件のソフトウェア情報を備え、保守サービス範囲内で提供される。「LanScope Cat6」のソフトウェア資産管理機能と連携することで、企業内PCのソフトウェア情報の収集からライセンス体系、有償/無償の判別まで自動化でき、ソフトウェア資産管理(SAM)構築の工数削減、精度向上を図れる。

 ソフトウェア情報は、一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)が提供する情報が利用され、メーカ名、ソフトウェア名、エディション、バージョン、ソフトウェア種別を備えている。MicrosoftやAdobeなどの有償ソフトウェアに加え、社員が個別にインストールした無償ソフトウェア、更新プログラムまでに対応する。

 「LanScope Cat6」のソフトウェア資産管理機能と連携することで、企業の、ソフトウェアの“購入検討”〜“ライセンス付与”〜“使用状況確認”〜“台帳作成”まで、SAM構築の全行程を自動化できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「エムオーテックス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 【インフォアジャパン】 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク、監査請求の責任は誰に? 【ウチダスペクトラム】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド 【インフォアジャパン】 ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に? IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036085


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ