ロゴヴィスタ、ビジネスユースの英日・日英翻訳ソフトの新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロゴヴィスタ、ビジネスユースの英日・日英翻訳ソフトの新版発売


掲載日:2011/09/12


News

 ロゴヴィスタ株式会社は、ビジネスユースの英日・日英翻訳ソフトのWindows版「LogoVista PRO 2012」シリーズ2製品を10月7日に発売する。価格は、「ベーシック」が3万9800円、上位モデル「フルパック」が8万9800円(いずれも税込)。

 今回のバージョンでは、ハーバード大学・久野名誉教授の理論に基づいて開発された“LogoVista 翻訳エンジン”の新版を搭載している。優れた構文解析力や、精密な意味解析による適切な訳し分け、ドキュメント単位に加え文単位の自動ドメイン設定による分野別の訳語選択、前後の単語から文脈を判断するシステムにより、翻訳精度に優れている。翻訳の処理速度も向上している。アップデート機能により最新の用語を追加することもできる。

 “対訳翻訳”がより見やすく、使いやすくなっていて、英語を“読む・書く・調べる・検索する”それぞれのシーンで、1つのツールから呼び出せ、作業の流れを効率化できる。別訳語や辞書引きを専用のウィンドウでいつでも操作でき、日本語解析・確認翻訳・別解釈など、より良い翻訳結果を導き出すためのヒントを得られる。特許・規格関連DBはファイルメニューで簡単に呼び出せる。ブラウザを立ち上げずに検索・翻訳に移れるなど、作業の流れを妨げないインターフェースを備えている。更に今回、日本語を英語に翻訳する際の使い勝手が改善された。

 辞書語数は、「ベーシック」が英日349万語・日英296万語の計645万語。「フルパック」では更に、ビジネスシーンで使用される英日・日英各8分野の専門辞書合計336万語を加え、計981万語に増強されている。

 Twitterで英語メッセージを簡単に発信できるよう、PC上で140文字のメッセージを作成するための“タイピング翻訳”がバージョンアップされた。使い勝手に優れたIME風インターフェースに加え、英文文字数表示や確認翻訳機能が搭載された。

 そのほか、利用者が独自に単語と訳語を追加できる“ユーザ辞書”や、過去の翻訳資産を活用できる“翻訳メモリ”、Office/IE/Adobe Readerなどに翻訳機能を追加できる“アドイン翻訳”、原文と訳語の対照に便利な“訳振り”機能、技術文献検索機能を備えている。紙文書を取り込んで翻訳できるOCRソフトが付属し、LogoVista電子辞典の「研究社新英和・和英中辞典」も同梱される。


出荷日・発売日 2011年10月7日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036045


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ