ATENジャパン、KVMスイッチなどを一元管理できるソフト新版発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ATENジャパン、KVMスイッチなどを一元管理できるソフト新版発表


掲載日:2011/09/09


News

 ATENジャパン株式会社は、分散した複数のKVMスイッチやシリアル管理デバイス、電源管理デバイスを統合し、これらのデバイスのユーザ権限/タスク/ログなどをシングルサインオンで一元管理できるソフトウェアの新バージョン「CC2000 Ver.2.2」を発表した。

 今回の新バージョンでは、対応ブレードサーバの機種が追加され、IBM BladeCenter S、Dell PowerEdge 1855/1955、HP C7000の3種類が新たに管理可能になった。また、インテリジェントPDU「PN5212/PN5320/PN7212/PN7320」に対応し、他のOver-IP製品と同様のインターフェースで効率的に管理できるようになった。

 仮想化ソフトウェアCitrix XenServerにアクセスする際に、専用ツールを別途起動せずに、シングルサインオン・シングルインターフェースでゲストOSに直接アクセスできるようになったため、操作ステップを削減できる。

 また、「CC2000」のLS版(マスタ/スレーブ各1、256ノード)が、スレーブライセンスを含めずにオプションで選択できるように変更され、ライセンス価格が90万円に値下げされた。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036033


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ