CA Technologies、クラウドも守るデータ保護ソリューション出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、クラウドも守るデータ保護ソリューション出荷


掲載日:2011/09/09


News

 CA Technologiesは、クラウドも対象に、オン/オフプレミス環境を守る、ハイブリッドなデータ保護ソリューション「CA ARCserve r16」シリーズを出荷した。

 「CA ARCserve r16」シリーズは、ディスクベースのイメージ・バックアップ・ソリューション「CA ARCserve D2D r16」と、バックアップ・ソリューション「CA ARCserve Backup r16」、レプリケーション(複製)・ソリューション「CA ARCserve Replication r16」/「CA ARCserve High Availability r16」で構成される。

 「D2D r16」では、ファイルの移動/コピー先としてAmazon S3/Microsoft Azureといったクラウド・ストレージを利用でき、コスト削減やバックアップ時間短縮を図れる。また、VMwareホスト環境から仮想マシンを一括してバックアップできるほか、保護されるサーバ・イメージを仮想環境上に自動スタンバイでき、災害/障害時にはそのまま起動できる。そのほか、Webベースのコンソールを用いて、保護対象のすべてのコンピュータを一元的に管理でき、バックアップ環境の状況を様々な観点で把握できる。

 「Backup r16」では、クラウド・ストレージへバックアップできる。その後オンプレミス環境のバックアップ・データを解放することで空き容量を確保できるほか、災害対策の強化も図れる。また、Windows Preinstallation Environment(WinPE)に対応し、FDドライブを持たない環境でもネットワークを利用してシステムを迅速に復旧できる。そのほか、「D2D」でディスクに保管したデータを「Backup」でテープに長期保管でき、そのデータからも直接復旧できる。

 「Replication r16」/「High Availability r16」では、Amazon EC2と統合でき、Amazonのデータセンタを複製先サイトとして使用できるため、少ない初期投資で早期に、SLAで保証された災害復旧サイトを利用できる。また、複製元/複製先間の通信を暗号化できる。カスタム・アプリケーション機能も強化され、Oracle Databaseシナリオなどの組み込み済みアプリケーション・シナリオで任意のWindowsサービスを管理できる。これにより、独自アプリケーションのサービスの状態を監視でき、サービスが開始しない場合は自動でスイッチ・オーバーできる。

 これらにより、バックアップ運用の一元化と災害/障害からの早期復旧が可能になり、企業の業務継続を支援する。


出荷日・発売日 2011年9月8日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣 日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036026


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ