ET、システム操作の業務品質を向上させる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ET、システム操作の業務品質を向上させる製品を出荷


掲載日:2011/09/09


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(ET)は、重要なシステム変更など、システム操作の業務品質を向上させる製品「ESS AutoQuality」を9月6日(予定)より出荷する。ライセンス標準価格は、300万円〜(参考価格)。

 「ESS AutoQuality」では、手順書の妥当性の検証、作業の確実な実行、作業結果の記録の管理を行なうことで、システム作業の業務品質/効率の向上を図れる。

 手順書の作成では、リハーサル環境でのUNIX/Linuxサーバへのコマンド操作内容を記録し、手順書に取り込める。また、Windowsの操作を手順として作成する際、対象画面のキャプチャを貼り付け、視覚的に手順を説明できる。Word形式で出力し、従来の手順書と同様に取り扱えるほか、作成した手順書をテンプレートとして保存することで、他の手順書作成に再利用できる。

 作業の実行では、UNIX/Linuxサーバへの接続/コマンド投入を自動化でき、タイプミスなどの操作ミスを防止できるほか、コマンド実行結果を取り込み、期待結果との比較を容易に行なえる。Windows操作や非システム的なチェック事項などはチェックリストとして表示され、確実な操作/チェックが促される。また、1つの手順書で複数の環境をサポートできる。環境によって異なる値を持つ要素を“置換テーブル”として管理し、作業する環境によって値を自動的に置き換えて実行できる。

 作業記録の保存では、リハーサル環境/本番環境での作業記録を手順書内にすべて記録できる。本番環境では手順書外の手動でのコマンド操作も確実に記録でき、コマンドライン操作での作業記録の完全性の担保を図れる。また、Word形式で作業報告書として出力でき、従来の方法と同様に書面で管理できる。

 これらにより、手順書の作成の工数を削減できるとともに、記述内容の粒度を標準化し、作業ミスの低減を図れるため、属人性を排除でき、アプリケーションの変更やパッチ適用などのリリース作業を、特定の技術者のスキルなど人に依存せずに行なえるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 ライセンス標準価格:300万円〜(参考価格)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036020


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ