採用:ITSがメール配信に「MarkONE Membership」などを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ITSがメール配信に「MarkONE Membership」などを採用


掲載日:2011/09/07


News

 株式会社ネットウエルは、関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)が、ネットウエルが開発・提供する会員制Webサイトの構築、運用に特化した「MarkONE Membership」、同報メールの配信に特化した「MarkONE Mail Manager」を採用したと発表した。

 関東ITソフトウェア健康保険組合は、事業所宛(個人含む)に郵送される通知を、メール配信システムを導入することでメール配信に切り替え、印刷コスト・郵送コストの削減を図ろうとしていた。また、同組合では適用事業所へのサービスの充実・増強にも注力していて、様々な情報の発信手段として郵送で、事業所、個人宛に都度、約1万件郵送していた。

 様々な商品を比較・検討した結果、専門知識不要で簡単に作成・送信などの操作が行なえる画面、運用方法を備え、HTML・テキストのマルチパートメール、配信予約機能など、作成から送信までの流れで使用できる機能を備えていることが評価され、「MarkONE Mail Manager」が採用された。また、メールアドレスなど個人情報の管理をWeb上で簡易的に行なえる「MarkONE Membership」も事業所担当者の管理を簡略化するために、既に採用・運用開始されていて、トータルコスト削減による導入効果があった。

 「MarkONE Membership」は、HTMLやプログラムの知識不要で、様々なフォームを簡単に作成・公開でき、収集した情報をDBに蓄積、閲覧、リアルタイムに集計できること、フォーム作成で規定のテンプレートを使用できる上、CSS(Cascading Style Sheets)を利用したデザインを適用できること、登録ページを起点に、サンキュ―メール、各種通知メールを設定できること、多機能型メール配信システムとの連動が可能なこと、会員管理に関連してユーザごとに権限を設定でき、目的・用途別に自由にアカウントを発行できること、導入前に使用していたアドレス、情報などを引き継げること、初期のサンプル、テンプレートの提供、教育など運用のサポート体制が備えられていることで、採用された。

 また、今後のサービス向上を図るため、様々なデータの収集・分析ツールとして拡張利用を図っている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他メール関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他メール関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他メール関連」関連の製品

メールワイズ on cybozu.com 【サイボウズ】 Outlook階層型アドレス帳 【テックインフォメーションシステムズ】 メール配信システム MailPublisher Smart Edition 【エクスペリアンジャパン】
その他メール関連 その他メール関連 その他メール関連
社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 指定された書式で記述された外部アドレス帳ファイルを取り込み、該当する組織に属したユーザーをツリー状に一覧表示して、メールの宛先/CC/BCCに設定するツール。 多機能・高性能ながらもシンプルな操作性。APIによる柔軟な連携も可能。ECサイトをはじめ累計5300超の導入実績、月間配信実績51億通の国内トップシェア※のメール配信ASP。

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035983


IT・IT製品TOP > メール > その他メール関連 > その他メール関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ