アドビ システムズ社、CEMの基盤技術とソリューション3種を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アドビ システムズ社、CEMの基盤技術とソリューション3種を提供


掲載日:2011/09/07


News

 Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)は、CEM(Customer Experience Management)ソリューションの基盤技術“Adobe Digital Enterprise Platform”と、CEM向けソリューションの第1弾3種の提供を開始した。

 “Adobe Digital Enterprise Platform”は、オープンな標準に基づいた、モジュール構造のプラットフォームで、SNS、Web、モバイル、紙媒体といった各種チャネルを横断的に提供できる、デジタルソリューションを実現する。また、HTML5、Adobe AIR、Flash Player、Adobe Readerを活用したマルチチャネルのデジタル体験を制作、管理、提供するための統合的な基盤を提供する。プラットフォームにはAdobe Online Marketing Suiteとの連携機能が採用されているほか、Adobe Flash Builder 4.5、Flex 4.5との連携機能を備えている。

 今回提供開始されたCEMソリューションは、「Integrated Content Review」「Web Experience Management」「Customer Communications」の3種。「Integrated Content Review」は、新たなマーケティングキャンペーンとカスタマーエクスペリエンスに関する導入投入期間の短縮を図れる。様々なターゲット・セグメントの顧客体験全体を対象に、デジタルコンテンツの制作、レビュー、保存を行なえ、その調整や実行に必要なワークフローとプロセスの強化もサポートする。

 「Web Experience Management」は、ビジネスプロフェッショナルとマーケティングプロフェッショナルを対象に、Web、SNS、モバイル、メールのチャネルで表現力に優れたコンテンツの制作、管理、パブリッシュを行なうソリューションを実現することで、新規顧客の獲得をサポートする。「Customer Communications」は、セキュアで、パーソナル化された、双方向のレターや各種通知文書の作成、構成、マルチチャネルを通じた提供を一元管理することで、顧客ロイヤルティの向上を支援する。また、新たな収益源を生成でき、コストの削減、顧客ロイヤルティの向上、コンプライアンス規制への対応を図れる。

 また、CEMソリューション第2弾の、Social Brand Engagement、Selection and Enrollment、Unified Workspaceの各ソリューションは、米国でベータ版が公開されている。日本でのベータ版提供については未定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他WEB構築関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他WEB構築関連」関連情報をランダムに表示しています。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035966


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ