日本ベリサイン、オンライン詐欺検出サービスの新バージョン提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ベリサイン、オンライン詐欺検出サービスの新バージョン提供


掲載日:2011/09/02


News

 日本ベリサイン株式会社は、「ベリサイン アイデンティティ プロテクション オンライン詐欺検出サービス」の新バージョン「VIP FDS 4.0」の提供を開始した。

 「VIP FDS」は、インターネット上に公開されたサービス(オンラインバンキングやECサイトなど各種会員Webサイトなど)やATMを使用したなりすましによる詐欺、資金洗浄(マネーロンダリング)を防止するための、サービス提供者用の高度認証サービス。利用者の行動パターン分析を基に、検出し不正を防止する“リスクベース認証”を採用し、ソフトウェアのインストールやトークンの利用が不要で、各種オンライン詐欺の防止を図れる。

 今回の新バージョンでは、複数のポリシー間で、値やデータの共有、メカニズムのロック、パフォーマンスの改善が行なわれた“Global Context機能”が搭載され、複数のポリシーを効率的に組み合わせて使用できる。時系列での分析力が強化され、より細かい分析にも対応したエンジンが搭載され、少額の資金移動を何度もしているといった時系列での分析が必要な取引でも、より効果的に検出できるアルゴリズムを採用している。また、トランザクション履歴の少ないユーザの分析力も強化されている。

 管理コンソールのパスワード管理機能が強化され、監査を行なう際に柔軟に対応できる。また、レポート機能が強化され、特定の月の生成されたケース合計数に対するイベント発生数をパーセンテージで出力したり、管理者が確認したケースについて出力できるなど、新しく6つのレポート形式が追加サポートされた。

 これらにより、インターネット経由でサービスを提供する事業者は、改善されたポリシー機能などを使用して、効率的な追加認証を短期間で活用できるほか、追加負担不要で、より安全にインターネットでの取引や個人情報の入力を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

“情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 新通信プロトコル「HTTP/2」のメリットと注意点を解説 【合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
情報漏えい対策、内部の対策は後回し? ――データセキュリティの鉄則と秘策 知らないと恥ずかしい「HTTP/2」と「HTTP/1.1」“決定的な違い” 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035920


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ