日本HP、クラウドデータセンタに適したハイエンドストレージ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、クラウドデータセンタに適したハイエンドストレージ発売


掲載日:2011/09/02


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、仮想化、クラウドデータセンタ向けハイエンドストレージ「HP 3PAR Storage System」の最上位モデル「HP P10000 3PAR Storage System」を発売した。

 「HP P10000 3PAR」では、ニーズに合わせて最大容量1.6PBのハイエンドモデル「V800」と、800TBのスタンダードモデル「V400」の2機種がラインアップされている。第4世代ASICをコントローラ1台あたり2つ搭載し、スループット重視のI/Oとレスポンスタイム重視のI/Oが混在した環境でも両方の性能最大化を図れ、従来機種「HP 3PAR T-Class」に比べ、パフォーマンスは1.5倍、バンド幅は2.6倍に向上、負荷の多い環境でも高速処理を行なえる。

 新たに「Peer Motion」ソフトウェアが追加され、拡張時や設定変更時に、管理者自身で拡張や設定変更を行なえる管理・運用性を備えている。また、「HP 3PAR」同士を直接つないでデータ移行を行なえるため、古いストレージから新しいストレージへの移行や、予期しないワークロードの発生時に余裕のある3PARへの負荷分散などを容易に行なえる。

 基本OSの新バージョン「InFormOS 3.1.1」が搭載されたほか、既存ソフトウェアが強化され、利便性、管理性が向上している。ディスク上の領域解放を行なえる“Thin Persistence”機能が強化され、ディスクを効率的に利用できる。また、“Autonomic VMware Space Reclamation”では、VMDK(Virtual Machine Disk)上で削除された容量が自動的にストレージ側でも解放され、効率的にディスクの再利用を図れる。また、「VMware vSphere 5」との連携強化が行なわれ、ストレージの管理をより一層簡素化できる。

 これらの強化により、ストレージインフラの更なる利用効率化と俊敏性を図れ、管理者の工数削減、コスト削減を支援する。

 価格は、「V800」が2409万円、「V400」が1465万円。


出荷日・発売日 2011年9月1日 発売
価格 「V800」:2409万円、「V400」:1465万円

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュストレージに関するアンケート 【ネットアップ】
その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★フラッシュストレージに関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035919


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ