エー・テック、中小企業向けCMSの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エー・テック、中小企業向けCMSの新版をリリース


掲載日:2011/09/02


News

 株式会社エー・テックは、簡単な操作でWebサイトを作成できる中小企業向けCMS(コンテンツ管理システム)「bingo!ASP ver1.4」をリリースした。

 「ver1.4」では、メニュー編集とページ編集が1画面に統合され、ページ間の無駄な移動を省けるようになった。また、ページ編集のレイアウトコンテナー・ユニットの設定画面も統合され、即時保存を行なう仕様になったため、毎回“保存”ボタンをクリックして次のステップへ移動する必要がなくなった。

 「ver1.4」に対応したデザインテンプレートを編集する機能も強化された。ヘッダ設定のすべての項目(ロゴ画像・ヘッダ背景・バナー画像・SEO(検索エンジン最適化)文章・サブナビゲーション)の表示・非表示や配置、ヘッダエリアの大きさなどを自由に設定できる。ヘッダやフッタに表示できるサブナビゲーションは設定数の制限がなくなった。カバーエリアには、カバー画像に加えテキストも設定でき、何も設定しなければカバーエリア自体が表示されない。また、サイドバーエリア内のローカルメニューを移動でき、ローカルメニューの上にもユニットを配置できるようになった。

 携帯サイト用のメニューやページをPC用Webサイトとは別に制作できる。携帯サイト用のデザインテンプレートや、携帯サイト表示に特化したマーキー/メニューリンク/アクセスキー設定などのユニットが装備されていて、ドラッグ&ドロップで簡単にページを制作でき、2階層メニューも制作できる。

 素材管理機能も強化された。画像の拡大・縮小、画像の上下・左右の移動、画像の切り取りに加え、画像を回転・反転できるようになった。また、画像にラベルを付けて管理できるほか、素材管理画面を開いた時の初期表示が“最後に取り込んだ画像”だけになったため、画像が多くなると素材管理画面の表示が遅くなる現象が解消された。

 ユニット単位でのクリップボード機能がレイアウトコンテナー単位でも使えるようになった。同様のコンテンツを毎回作成せずに、様々なページで使い回せる。ページの複製、別のメニューへの移動も可能になった。

 “連載記事ページ管理”を用いてページを作成することで、そのまま連載記事として表示できる。また、連載記事の一覧表示もメニュー単位だけでなく、ページごとにラベルを設定できるため、メニューをまたいで任意のラベル単位でページを抽出、一覧表示できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他WEB構築関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他WEB構築関連」関連情報をランダムに表示しています。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035911


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ