シャープ、コンパクトで1台3役のモノクロデジタル複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、コンパクトで1台3役のモノクロデジタル複合機を発売


掲載日:2011/09/01


News

 シャープ株式会社は、オフィスワークに必要な“コピー/プリンタ/カラースキャナ”の機能を搭載したデジタル複合機「AR-181G」を9月8日に発売する。価格は45万円。

 「AR-181G」は、幅591mm×奥行き567mm×高さ495mmとコンパクトで、連続複写速度は毎分18枚(A4ヨコ)。スペースの限られた個人オフィスなどでの使用に適した、モノクロデジタル複合機。排紙部を本体内部に取り入れたウイングレス設計で省スペース化を達成したほか、マルチ手差しトレイも未使用時には本体に収納できるため、限られたオフィス空間を有効活用できる。

 600×600dpiの高精細で、原稿を美しくコピーできるほか、“文字/写真領域分離機能”を利用することで、文字と写真が混在した原稿も、それぞれの領域を分離して自動的に識別する。原稿を本体メモリに記憶し(A4標準原稿で最大約80ページ)、ページ順に必要部数を出力する“電子ソート機能”を標準搭載しているため、出力紙を仕分けする手間を省け、作業効率の向上を図れる。

 スキャナユーティリティー「ボタンマネージャー」と連携することで、あらかじめ設定したアプリケーションを自動的に立ち上げデータを保存できる。カラースキャンした画像データを、複合機に接続したUSBメモリに直接保存でき、PC不要でスピーディーにデータを保存できる。

 ネットワーク拡張キット(オプション)を装着することで、ネットワーク対応プリンタへの機能拡張が可能になり、グループの共有プリンタとして活用できる。また、従来機「AR-164G」に比べ、ウォームアップ時間が約44%短縮されたほか、予熱モード/オートパワーシャットオフモードも搭載、消費電力を削減できる省エネ設計を採用している。国際エネルギースタープログラム、グリーン購入法基準、財団法人日本環境協会のエコマーク認定基準に適合しているほか、外装・内装部品にハロゲン不使用樹脂(内部部品の一部を除く)を使用、塩ビ樹脂非含有のACコードを採用している。


出荷日・発売日 2011年9月8日 発売
価格 45万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035888


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ