日本IBM、サーバ管理者が運用管理できる中小向けストレージ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、サーバ管理者が運用管理できる中小向けストレージ出荷


掲載日:2011/08/31


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、中小企業や企業の部門向けに、x86サーバと同様の運用管理手法で対応できる低価格なネットワーク接続ストレージ(NAS)「IBM System x NAS」シリーズを出荷した。

 「IBM System x NAS」シリーズでは、x86サーバ「IBM System x」に、HDDとNAS向けOS「Windows Storage Server 2008 R2 Standard」があらかじめ導入されていて、購入後すぐにNASとして活用できる。ユーザ・インターフェースがWindowsサーバと同様なので、ストレージ専門の管理者が不在の場合でも、サーバ管理者が容易に導入・運用管理できる。また、既存ストレージに簡単に追加でき、既存のNASの容量を拡張させたいユーザにも適している。

 24時間365日の保守サービスが提供される。また、障害発生の際には、障害情報がIBMコールセンタに自動的に通知され、IBM技術員からユーザへ連絡する無償サービス「IBM eSAサービス」により、迅速な障害対応が行われる(同サービスを受けるためのセットアップ作業は別途有償)。

 オフィスの空きスペースに手軽に設置できるタワー型2モデルと、今後のストレージ容量の拡張に便利なラック型3モデルの、計5モデルが用意されている。30名程度で利用する場合に適した容量4TBのタワー型モデルの価格は、40万円。


出荷日・発売日 2011年8月30日 出荷
価格 容量4TBのタワー型モデル:40万円

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち? 【日商エレクトロニクス】 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢 【日本アイ・ビー・エム】 プライマリーよりも高性能? オールフラッシュの特性 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち? データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢 セカンダリーなのにプライマリーよりも高性能? オールフラッシュの特性

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035863


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ