TIS、「ナレジオン」の新メニューで占有型クラウドサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TIS、「ナレジオン」の新メニューで占有型クラウドサービス提供


掲載日:2011/08/30


News

 TIS株式会社は、エンタープライズ・コミュニケーション・プラットフォーム「ナレジオン」と企業向けPaaS/IaaS「TIS Enterprise Ondemand Service」を組み合わせ、プライベートネットワークの一部として利用する月額課金方式の占有型クラウドサービス「ナレジオン LiveOn サービス」を9月から提供する。

 「ナレジオン」は、グループウェア機能と3種類のポータルが統合されていて、様々なパーソナライゼーション機能と情報の活用を促進する高性能検索エンジンを搭載している。今回、「ナレジオン LiveOn サービス」が追加されたことで、個々のシステム要件に合わせた形態で「ナレジオン」を利用できる。

 「ナレジオン LiveOn サービス」では、クラウドのメリットを活用しながら、「TIS Enterprise Ondemand Service」をインフラに活用することで、自社ネットワークを活用した高セキュリティ環境で、企業の既存システムとの連携など各社独自の機能を実現・保持できる。

 「TIS Enterprise Ondemand Service」の環境を自社ネットワーク内に構築するため、ネットワークセキュリティと堅牢性を確保できるほか、「ナレジオン」のライセンス版をベースにしているため、企業固有の社内業務アプリケーションとの連携や、独自の機能追加を行なえる。柔軟に拡張でき、システム基盤の運用管理コストの低減も図れる。また、「ナレジオン」のライセンスも利用数に応じて、“使用した分だけ”課金が発生するため、全体コストの最適化も図れる。

 価格は、100ユーザパック利用の場合、初期導入費用が77万8600円から、月額利用費用が12万3000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

新年度のグループウェア導入・見直しなら1ユーザー月額150円で! 【リスモン・ビジネス・ポータル】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 チームの生産性向上へ、アイティメディアの選択は? 【シスコシステムズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
ユーザー数363万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)でメール/スケジュール/ワークフローなど25機能が利用可能 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 チームの生産性向上へ、アイティメディアの選択は?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035850


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ