エプソン、オフィス向けカラーインクジェットプリンタ3機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、オフィス向けカラーインクジェットプリンタ3機種発売


掲載日:2011/08/26


News

 エプソンは、高生産性/高信頼性を兼ね備えたA4対応のカラーインクジェットプリンタ「PX-B700」を9月15日に、有線/無線LANを標準装備したA3ノビ対応の「PX-1200」を10月13日に、モノクロ文書からビジネスツールまで様々なニーズに対応できるA3ノビ対応の「PX-1004」を9月15日に発売する。価格はオープン価格。

 いずれも、全色に顔料インクを採用しているため、普通紙でも鮮明なカラーで印刷できるほか、水濡れに強くマーカーもにじみにくい。また、インクジェットならではの低消費電力を達成している。

 「PX-B700」は、総印刷枚数10万枚の耐久性を備え、最大580枚の給紙(オプションの増設カセットユニット使用時)に対応できる。水平解像度600dpiで、最速毎分カラー約24枚、モノクロ約26枚のA4印刷が可能。ランニングコストはA4カラー文書1枚あたり約6.4円と低い上、自動両面印刷にも標準対応しているため、用紙の表裏を無駄なく使える。また、リアASFを装備し、ラベル/ハガキ/封筒など様々な用紙に対応できる。有線LANにも標準対応している。

 「PX-1200」は、カラー/モノクロとも毎分約34枚(A4)の印刷と最大580枚の給紙が可能。ランニングコストはA4カラー文書1枚あたり約7.3円と低い上、自動両面印刷にも対応している。更に、カラーインク残量が限界値を下回った場合でも、ブラックインクだけを使用した最長5日間のモノクロ印刷が可能な“黒だけでモード”を備えている。

 「PX-1004」は、ブラックインクを2本搭載できる上、毎分約30枚(A4)のモノクロ印刷が可能で、モノクロを大量・高速に出力できる。カラーも最速毎分17枚(A4)で印刷できる。ランニングコストはA4カラー文書1枚あたり約6.6円。“黒だけでモード”も備えている。また、Blu-ray/DVD/CDレーベル印刷に標準対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035798


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ