NTTデータグループ、SAP ERP専用のクラウド型ホスティングを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータグループ、SAP ERP専用のクラウド型ホスティングを提供


掲載日:2011/08/26


News

 NTTデータグループ(株式会社NTTデータ、株式会社JSOL、株式会社NTTデータ・ソルフィス、株式会社NTTデータ・ウェーブ)は、SAP ERP専用のクラウド型ホスティングサービス「INERPIA/イナーピア SAPホスティング」の提供を開始した。

 「SAP ホスティング」では、NTTデータグループ/NTTグループのデータセンタに設置したSAP ERP専用サーバを、必要な時に必要なだけ利用できる。月額費用を追加することで追加リソースを調達でき、追加期間は短期間でも長期間でも対応できる。これにより、自社でサーバを構築した場合に比べコストを削減できる。SAP ERPを新規導入する場合は、初期投資額やランニングコストを抑えてERPを導入できる。導入後も、運用状況を見ながらサーバスペックなどのサービスレベルを見直すことができる。また、仮想化技術をベースに、DRサイト(バックアップサイト)を容易に構築でき、ネットワークで接続された別拠点のデータセンタにもDRサイトを構築できる。

 高いSLAが提供されるとともに、従来の運用で発生していたハード更改費用や経年劣化への対応費用(例:メモリ増強/アーカイブ)、故障対応費用、それらに係る管理・検討費用、要員がSLAにそって提供される。これにより、急な要員の確保といった課題を心配せずに利用でき、ランニングコストを削減できる。

 国内/海外の信頼性の高いデータセンタを利用でき、グローバルでの運用費用の削減要望にも対応できる。海外のデータセンタは、日本との時差が1時間のマレーシアに配備されていて、日本の日中時間帯では常時有人監視された状態で運営されている。設備(建物と電源などの付帯設備、立地条件、セキュリティ対策)も国内データセンタと同等の設備を備えているほか、運用では、日本語と英語を対応言語とし、世界3極体制での24時間365日の運用サービスが提供される。これにより、海外現地法人でSAP ERPを、SLAを落とさずに運用でき、システム運用費を削減できる。

 なお、同サービスの利用にあたり、SAP ERP以外の周辺システムについてもホスティングサービスを提供できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ホスティング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ホスティング」関連情報をランダムに表示しています。

「ホスティング」関連の製品

SPPDレンタルサーバー 専用サーバー 【スタジオマップ】
ホスティング
用途に合わせて選べる全5コースを用意し、最も安価なエントリーコースでも運用保守を任せられるフルマネージドを実現した法人向けレンタルサーバー。Linux/Windows対応。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035788


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ