パナソニック、“クイックブートマネージャー”搭載ノートPC発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック、“クイックブートマネージャー”搭載ノートPC発売


掲載日:2011/08/25


News

 パナソニック株式会社は、“軽量・長時間・頑丈(タフ)・高性能”を実現したモバイルノートPC「Let’snote」の法人向けモデルを9月9日から順次発売する。価格は、オープン価格。

 今回発売されるのは、フルHDまたはWXGA 15.6インチワイドTFTカラーの「B10」シリーズ、WXGA 12.1インチワイドTFTカラーの「S10」シリーズと「N10」シリーズ、WXGA 10.1インチワイドTFTカラーの「J10」シリーズ。第2世代Coreプロセッサ・ファミリーを搭載し、性能が更に強化されている。フラッシュメモリドライブ搭載モデルと国際ローミング対応ワイヤレスWAN内蔵モデルなどが用意されているほか、その他の基本性能の向上も図られていて、モバイル時の業務スピード向上による生産性向上を図れる。

 「B10/S10/N10」はCore i5-2540M vProプロセッサ(2.60GHz、ターボ・ブースト2.0利用時最大3.30GHz)を、「J10」はCore i5-2540Mプロセッサ(2.60GHz、ターボ・ブースト2.0利用時最大3.30GHz)を、「B10/J10」はCore i3-2330Mプロセッサ(2.20GHz)を搭載できる。

 「B10」では、HDD容量が250GBに向上し、大容量のデータ保存に対応しているほか、データ転送速度最大5Gbps(規格上の理論値)のUSB3.0を搭載、モバイル時には高性能なバスパワ対応を行なえる。また、「J10」は、メインメモリ容量が4GBで、最大8GBに拡張できる。

 全シリーズ“クイックブートマネージャー”を搭載、電源を入れてからのBIOSの初期化やOS起動プロセスの最適化を行なうことで、OS起動までの時間の短縮化を図れる。「S10/N10」のフラッシュメモリドライブ(SSD)搭載モデルは最短約12秒で、「J10」のSSD搭載モデルは最短約10秒で起動できる。

 「B10/S10/N10/J10」は、ピークシフト制御ユーティリティを標準搭載していて、深夜の電力需要が少ない時間帯にバッテリの充電を行ない、電力需要がピークの時間帯はバッテリ駆動に切り替えることで、電力需要の平準化を図れる。すべての電源状態(シャットダウン、スタンバイ、休止状態)で、ピークシフト制御設定を有効にできるほか、消費電力を抑える電源プラン拡張ユーティリティを利用することでバッテリ駆動時間の延長を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「モバイル端末」に関するアンケート調査 【株式会社日立システムズ】 「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン ノートパソコン
ギフト券3000円分が当たる★モバイル端末に関するアンケート 企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035782


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ