リコー、A4カラーレーザープリンタ/複合機計4機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、A4カラーレーザープリンタ/複合機計4機種を発売


掲載日:2011/08/25


News

 株式会社リコーは、A4カラーレーザープリンタの新製品「IPSiO SP C241/C230L」を9月5日に、A4カラーレーザー複合機の新製品「IPSiO SP C241SF/C230SFL」を10月上旬(予定)に発売する。価格は、オープン価格。

 今回発売される4機種は、高い生産性を備えながら、コンパクトで限られたスペースに設置できる。また、消費電力の削減、コストの削減を図れる各種機能、優れた操作性を提供する。

 「IPSiO SP C241」「IPSiO SP C230L」は、幅400mm×奥行き450mm×高さ320mmのコンパクト設計ながら、9600dpi相当×600dpiの高解像度を達成している。オペレーションパネルの操作に加え、用紙補給、インク交換など日常的な使用は前面で操作できる。操作部に2行LCD(液晶パネル)を搭載、視認性と操作性が向上している。

 「IPSiO SP C241」は、連続プリント速度(A4タテ)がカラー/モノクロとも毎分20枚で、製品寿命は18万ページまたは5年間。自動両面を標準装備するなど、高い生産性を備えている。トナーセーブ機能を搭載しているほか“機密印刷機能”を搭載、秘匿性の高い文書の取り違いや置き忘れの抑止を図れ、共有利用環境でも利用できる。

 「IPSiO SP C230L」は、ウォームアップタイムが30秒に短縮されているほか、自動両面印刷機能を標準搭載している。連続プリント速度(A4タテ)は、カラー/モノクロとも毎分16枚で、製品寿命は9万ページまたは5年間。

 「IPSiO SP C241SF」「IPSiO SP C230SFL」は、幅420mm×奥行き493mm×高さ476mmと省スペースながら、カラープリンタ、カラーコピー、FAX、カラースキャナの4機能を搭載している。解像度は9600dpi相当×600dpiで、連続プリント速度(A4タテ)はカラー/モノクロとも毎分20枚。ウォームアップタイムが30秒に短縮されている。

 「IPSiO SP C241SF」は、製品寿命18万ページまたは5年間。ペーパーレスFAX、インターネットFAX(W-NET FAX)に対応、用紙コストや通信コストの削減を図れるほか、番号の押し間違いを抑止する“宛先繰り返し入力機能”などの機能を搭載している。トナーセーブ機能を搭載していて、経済的な印刷を行なえる。操作部に4行LCD(液晶パネル)を採用、視認性と操作性が向上している。また、「IPSiO SP C230SFL」は、製品寿命が9万ページまたは5年間で、Super G3、迷惑FAX防止、PC FAX機能に対応し、用紙コストや通信コストの削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035761


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ