リーフワークス、アクセス解析&広告効果測定システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リーフワークス、アクセス解析&広告効果測定システムを提供


掲載日:2011/08/24


News

 株式会社リーフワークスは、アクセス解析と広告効果測定を1つにまとめたアクセス解析&広告効果測定システム「ムーブアクセス」をリリース、ASP方式、ダウンロード版で提供する。

 「ムーブアクセス」は、費用対効果や広告の最適化を図れるほか、Webサイトの解析データをリアルタイムに把握できる。解析データがリアルタイムに集計・表示されるため、Webサイトの現状を素早く把握できる。

 解析データはリアルタイムに集計され、管理画面でアクセス状況を確認できる。1つのタグを解析したいページに貼るだけで、計測が開始されるため、導入も簡単に行なえる。サイト全体のPV・UUに加え、ルート情報、平均ページ閲覧時間、ランディング情報(リファラ(リンク元)・検索ワード・内部ページ)などのページ単位の集計や、月別をベースにした日別・時間別での集計も行なえる。また、ランディングや離脱、直帰数なども集計できるため、より正確にユーザ行動を把握できる。

 リンク元を確認する“リファラ機能”や、どの検索エンジンからどのキーワードで検索して辿り着いたのかを分析する“検索ワード機能”なども標準装備、情報は自動的に収集されるため、広告展開の参考データとして利用できる。また、広告ごとに効果測定用のURLを発行することで、各広告のクリック状況や成約状況を確認でき、クリック単価・成果報酬単価・月額固定費などの広告費用を設定することで、コストを把握できる。広告の稼働状況は、広告単位に加え、サイト全体、月別をベースにした日別・時間別で集計できる。

 広告費用を設定することで、成約状況に応じた費用対効果測定を行なえ、効果指標にはCPA(成約1件あたりの広告費用)・ROAS(広告費用に対する回収率)を採用していて、これらの指標を基に、広告単位やサイト全体の費用対効果を算出できる。また、注文フォームや問い合わせフォームなどに指定のトラッキングタグを貼ることで、どの広告を経由した成約なのかや、リファラ・検索ワードなどを自動的に検出して集計できる。成約までに辿ったルート(制約経路・行動分析)や、各ページの閲覧時間の確認も行なえ、広告効果の有無やユーザ行動、どのページが成約につながったのかも把握できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035755


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ