富士通、モバイル端末から企業ネットに接続できるサービスを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、モバイル端末から企業ネットに接続できるサービスを出荷


掲載日:2011/08/19


News

 富士通株式会社は、スマートフォンやタブレット(モバイル端末)から、企業のイントラネットにセキュアに接続するネットワークサービス「携帯ブラウザ接続サービス」を出荷した。また、付加サービスとして、PC向けのWebコンテンツをモバイル端末で見やすく変換する「モバイルコンテンツ変換サービス」も出荷した。

 「携帯ブラウザ接続サービス」では、モバイル端末向けに提供する専用アプリケーション「FENICSブラウザ」から、リモートアクセスサービス「FENICS IIユニバーサルコネクト」を介して企業内ネットワークに接続する。これにより、企業ユーザは、Webサイトやアプリケーション、Webメール、グループウェア、アドレス帳などを、モバイル端末に業務データや履歴を残さずに利用できるため、情報漏洩などを回避しながら、閲覧・更新できる。

 モバイル端末の機体識別番号の登録や、権限のある利用者のみがアクセスできるログインなど、強固な認証機能を備えている。また、端末標準のブラウザと違い、コピー&ペースト機能の抑制や、キャッシュの自動消去など、モバイル端末に業務データを残さないための機能を搭載していて、高度なセキュリティ対策を行ないながら、モバイル端末を安全に業務で利用できるため、個人のモバイル端末を業務利用する“BYOD:Bring Your Own Device”を検討している企業でも利用できる。

 利用者は、通常のスマートフォン用アプリケーション購入サイトから無料でダウンロードできる専用アプリケーション「FENICSブラウザ」を起動させ、あらかじめ付与されたIDを入力してログインするだけで、企業のイントラネットに接続できるため、簡単に操作できる。また、「モバイルコンテンツ変換サービス」を活用することで、PC向けのWebコンテンツがモバイル端末用に変換されるため、画面が見やすくなるとともに、スムーズに利用できる。

 300IDの価格は、「携帯ブラウザ接続サービス」が初期費用10万円、月額費用14万5500円、「モバイルコンテンツ変換サービス」が初期費用50万円、月額費用26万円で、これに加え、「FENICS IIユニバーサルコネクト」基本サービスとFENICS ID費用(月額)が必要になる。


出荷日・発売日 2011年8月18日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035701


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ