NTTデータ、統合運用管理ソフト「Hinemos」をKVM/Hyper-Vに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、統合運用管理ソフト「Hinemos」をKVM/Hyper-Vに対応


掲載日:2011/08/17


News

 株式会社NTTデータは、オープンソースの統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」の、仮想化環境を管理する機能「Hinemos VM管理オプション」のKVM対応版を出荷開始した。Hyper-V対応版も9月末(予定)から出荷する。価格はオープン価格。

 「Hinemos VM管理オプション」では、仮想化サーバ/非仮想化サーバが混在した環境で、一元的にシステム全体を管理できる。仮想化基盤ソフトウェアが動作する物理サーバと仮想化サーバの対応付けを自動検出できる上、自動更新機能も備え、運用中の物理サーバをまたがった仮想化サーバの移動にも対応できる。また、正確なリソース使用状況や、リソース不足量といった仮想化環境特有の情報を取得できる。仮想化サーバに割り当てられたリソース(CPU/メモリ)の変更も「Hinemos」のGUIから行なえる。

 対応済みのVMware ESX/ESXi、Xen、OracleVMに加え、今回Hyper-VとKVMにも対応したことで、複数の仮想化環境が混在しても一元的に管理できるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

証券システムを支える堅牢な保守基盤をハイパーコンバージドシステムで実現 【レノボ・ジャパン株式会社】
サーバー仮想化
証券システムを支える堅牢な保守基盤をハイパーコンバージドシステムで実現

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035631


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ