キヤノンMJ、高速・コンパクトなA4対応ドキュメントスキャナ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンMJ、高速・コンパクトなA4対応ドキュメントスキャナ発売


掲載日:2011/08/17


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は、キヤノン電子株式会社製のドキュメントスキャナ「imageFORMULA」シリーズの新製品で、高速・コンパクトなA4対応のストレート排紙モデル「DR-M160」と、Uターン排紙モデル「DR-M140」を9月上旬から順次発売する。

 「DR-M160」は、幅280mm×奥行き250mm×高さ230mm(トレイを閉じた状態)で、デスクサイドやカウンターに置けるコンパクトボディながら、カラー・モノクロともに毎分60枚(A4タテ、200dpi時)の高速スキャンを行なえる。また、給紙トレイやペーパーガイドを大きく強固にしたことで、本体の堅牢性が向上しているほか、原稿分離機構“リタード方式”を採用し、普通紙から薄紙、厚紙、プラスチック製カードまで、様々な種類の原稿をスキャンできる。

 給紙時に原稿が搬送されなかった場合に機能する“給紙リトライ機能”と、給紙された原稿の先端で重送を検知した場合に、原稿を給紙口まで戻し再度給紙する“分離リトライ機能”を組み合わせ、スキャン業務の生産性向上を図れる。また、LED操作パネルを搭載、頻繁に利用するモード・操作を最大9件までジョブ登録することで、本体ボタンから実行できる。

 「DR-M140」は、幅313mm×奥行き181mm×高さ93mm(トレイを閉じた状態)とコンパクトで、優れた搬送性能を備えながら、カラー・モノクロともに毎分40枚(A4タテ、200dpi時)でスキャンできる。搬送系は、前面排紙(Uターンパス)から、本体背面カバーを開けるだけでカードや厚紙を搬送できる背面排紙(ストレートパス)に切り替えられる。また、Uターン排紙できないプラスティックカードや運転免許証などのスキャニングにも対応する。

 いずれも、スキャンした画像をデータサイズの小さいJPEG形式でPCに転送する方式を採用したことで処理時間が短縮されているほか、画像補正を10ビットで行なうことで、きれいな画像を出力できる。また、ファイルの暗号化やファイル名の自動生成などを行なえる「CapturePerfect3.1」、簡単なGUIやフルオートモード機能を備えた「CaptureOnTouch」という用途に合わせたユーティリティソフトが同梱される。

 価格は、「DR-M160」が18万円、「DR-M140」が11万9000円。

  写真:「DR-M140」



出荷日・発売日 −−−
価格 「DR-M160」:18万円、「DR-M140」:11万9000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035629


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ