クォーレスト、12台のHDDを搭載できるタワーサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、12台のHDDを搭載できるタワーサーバを発売


掲載日:2011/07/29


News

 株式会社クォーレストは、タワーサーバの新製品「Qualest XE3SV4」シリーズを、発売した。

 「Qualest XE3SV4」シリーズは、12台までの3.5インチ3/6Gbps SAS/SATAディスクを搭載でき、20TB以上のストレージ領域を構築できる、ストレージ複合型のサーバ・システム。Intel C204チップセットを採用し、Xeon E3-1200シリーズと第2世代Core i3 CPUを選択できる。デュアル2チャンネル構成のDIMMソケット4本に、32GBまでのUn-Buffered DDR3 1333/1066MHzメモリを装備できる。

 Intel82574Lギガビット・イーサネット・コントローラを利用した2系統(L2モデル)または4系統(L4モデル)のGbEネットワークを備え、パフォーマンスと耐障害性の向上を図れる“ティーミング機能”をサポートしているため、高信頼のネットワーク環境を提供するほか、ネットワーク経由でシステム管理を行なえるIPMI2.0専用LANポートを装備している。また、4ポート(2ポートはトップ)のUSB2.0ポートとRS-232Cシリアル・ポートが用意されている。

 PCI-Express2.0 x16バス×1、PCI Express2.0 x4バス×2(x8ソケット使用)、32ビットPCIバス×3を装備し、フル・レングスの、高性能グラフィックス・ボードやSAS/SATA RAIDコントローラを増設できる。12台の3.5インチHDDリムーバブル・ベイは、オプションの3/6Gbps SAS/SATA RAIDコントローラを増設することで、SASエキスパンダーを経由してSASディスクを使用できるほか、ディスクのホットスワップ化が可能になり、データを保護するホットスワップRAID環境を構築できる。また、PCI-Express2.0 x16バスは、グラフィックスやストレージ以外のコントローラにも利用できるため、システムの用途に合わせてカスタマイズできる。

 障害に起因するデータ損失を未然に防止する、冷却機構を採用している。HDDリムーバブル・ベイには、3台のディスク冷却用8cm温度可変速ファンが装備され、本体背面にはシステム運用時の換気騒音を低減する、山洋電気製12cm PWMファンを装備しているほか、シャーシ内部の熱滞留を防止する12cm補助静音ファンが、システム天板に2個、底面に1個装備されている。600W 80Plus高効率電源には、防塵フィルタ付きの12cm静音ファンが使用されているほか、サイドパネルにデッドニング・パッドを装着して、シャーシの共振による低周波騒音を防止するなど、きめ細かな配慮が行なわれている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035474


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ