オークニー、Salesforce CRMと地図を連携できる製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オークニー、Salesforce CRMと地図を連携できる製品の新版を提供


掲載日:2011/07/29


News

 株式会社オークニーは、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」と地図を連携できるアプリケーション「Orkney GeoGraph」の新バージョンの提供を開始した。

 「Orkney GeoGraph」では、「Salesforce CRM」に格納されたビジネスデータを、住所情報を基に地図に表示できる。また、売上高・仕入額・訪問回数・賃料・部屋数など様々な数値データを基に、バブルチャート・円グラフ・棒グラフ・色分け主題図を作成でき、データに潜在する地理的なトレンドやパターンを可視化できる。

 今回の新バージョンでは、売上・在庫情報などのデータ属性や地図上の範囲で検索することで、データを絞り込み、ターゲットリストを抽出できるようになった。また、最大3つの指標をオーバーレイできる表示機能が追加されたため、自社店舗の売上実績と競合店の位置関係を把握することや、統計データと自社顧客分布の比較などを行なえる。

 価格は、1〜20 IDまでの場合、初期費用が一律5万円、1 IDあたりの年間利用料が3万6000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035465


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ