リコー、省スペースなA4モノクロレーザープリンタ2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、省スペースなA4モノクロレーザープリンタ2機種を発売


掲載日:2011/07/28


News

 株式会社リコーは、A4モノクロレーザープリンタの新製品「IPSiO SP 4310/4300」の2機種を8月8日に発売する。

 「SP 4310」は本体トレイ給紙枚数500枚、「SP 4300」は250枚で、スペースの限られた事務所などにも設置でき、病院などの医療現場や小売業、サービス業の窓口業務など、様々な業種・業務向けプリンタに適している。オプションの増設トレイも500枚給紙と250枚給紙の2種類が用意され、複数の用紙種類を使い分けながら利用できる。オプションを装着することで、最大2系統のネットワークに接続でき、プリンタを1台に集約することもできる。

 オペレーションパネルに、ハードテンキーを搭載、文字入力が簡単になり、パスワード設定、IPアドレス設定などをスピーディーに行なえるほか、オペレーションパネルの操作、用紙補給、トナーカートリッジの交換などをほぼ前面操作だけで行なえる。また、排紙部に“くぼみ機構”を採用していて、小さなサイズの用紙の取り出しもスムーズに行なえる。

 連続プリント速度は毎分36枚、両面印刷(オプション)も毎分33ページ(いずれもA4タテ)と高速。ファーストプリントも6.9秒以下で、1ページの書類などの出力が多い業務に適している。また、月間最大1万ページ、トータルで60万ページの高い耐久性を備えている。

 オプションの拡張HDDは、“HDD残存データ消去”や“HDDデータ暗号化”に対応し、情報漏洩の抑止を図れるほか、データを拡張HDD(オプション)に一時蓄積し、パスワードを入力してから出力する“機密印刷機能”に対応し、機密性の高い文書の取り違いや置き忘れの抑止を図れる。

 優れた用紙搬送性能を備え、全トレイで不定形サイズに対応するほか、小サイズ用紙も標準トレイから給紙できる。頻繁に使用する特殊用紙を、ユーザ用紙として独自の名前で登録・選択・印刷できる。

 新たに“ECOナイトセンサー”を搭載。周囲の明るさを検知し、自動的にオートオフ(省エネ)モードに移行することで、消費電力の低減を図れる。また、曜日や時間からオートオフ(省エネ)モードへの移行や復帰を管理する“オートオフスケジューラー機能”も搭載。PCからの簡単操作で省エネ設定を行なえるほか、環境に配慮した設計を採用、“エコマーク”の取得、“グリーン購入法”“国際エネルギースタープログラム”への適合、“RoHS指令”への対応など、各種基準をクリアしている。


出荷日・発売日 2011年8月8日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035452


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ