NTTデータソルフィス、オフィスの省エネ見える化サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータソルフィス、オフィスの省エネ見える化サービスを提供


掲載日:2011/07/28


News

 株式会社NTTデータソルフィスは、主にオフィスを対象にした省エネ見える化ソリューション「見える課ECO部長」を8月12日から提供する。

 「見える課ECO部長」は、オフィスに設置した無線センサ(温度・湿度・照度・CO2濃度・電力量)から取得される各種情報を、NTTデータイントラマート社のシステム共通基盤「intra-mart」上に構築したポータル画面上で分かりやすく表示できるサービス。オフィスの適切な空調設定をはじめとする社員1人ひとりの省エネ活動意欲の促進と、企業の省エネ活動推進を図れる。

 センサは特定小電力無線を利用し、壁などが多いオフィスの中でも50m程度の距離をセンサネットワークで結ぶことができ、オフィス内の配線工事が不要(電力量センサについては分電盤への工事が必要)。また、電池式とソーラーパネル式の2タイプが用意されていて、電池式のセンサは10年程度電池交換が不要で、ソーラーパネル式は室内照明程度で半永久的に稼働するほど消費電力が少ない。また、既設の「intra-mart」のサーバにソフトウェアをインストールすることでポータル画面表示機能を導入でき、新たなサーバ設備などの構築は不要。

 ポータル画面上には、自席付近の電力量や温度・湿度・CO2などの環境情報が、アイコンを用いて3段階で表示され、省エネ状況を容易に確認できる。詳細画面では他のフロアや組織の省エネ状況や共有スペース、会議室などの省エネ状況を時系列で確認できる。また、消費電力量や温度等が一定条件を超えた場合に通知することもできる。PCや照明をこまめに消したり、空調の温度設定を変更するなどした効果をリアルタイムに確認できるため、継続的なECO啓発を図れる。

 オフィスの分電盤で各配線を細かく測定することで、使用している空調・照明・機器の消費電力量をフロアごとに把握できる。また、CO2濃度と照度の組み合わせで会議室の稼働状況を確認できる。見える化された情報を分析することで、より消費電力量が少ない機器への入れ替えや、共有スペース・会議室の削減など、フロアの無駄の削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは? エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035430


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ