事例:OCHABI、Windows・Mac混在環境のセキュリティを一元管理

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:OCHABI、Windows・Mac混在環境のセキュリティを一元管理


掲載日:2011/07/25


News

 株式会社カスペルスキーは、御茶の水美術専門学校など3つの学校を持つ学校法人服部学園(OCHABI)のWindows・Mac混在環境のセキュリティ対策に「Kaspersky Work Space Security」が導入されたと発表した。

 OCHABIでは、授業や生徒の作品制作に利用できるMacを約150台を導入しているほか、職員や講師用のWindows PCを65台運用している。2010年初めに、Windowsのアンチウイルスソフトの入れ替えと、新たにMac用の対策ソフトの導入を検討し始めた。授業用のPCが優先されるため、事務用のPCは古く、性能が十分でない機種もあり、パフォーマンスに影響を与える、いわゆる“重いソフト”ではないことが、製品選定で考慮された。

 検討の結果、「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation」とコンシューマ向けの「Kaspersky Anti-Virus for Mac」が2010年春に導入された。2011年4月には法人向けの「Kaspersky Endpoint Security for Mac」がリリースされたため、同コンポーネントが含まれる「Kaspersky Work Space Security」に移行し、同時に「Kaspersky Administration Kit」を用いてセキュリティ運用管理を一元化した。

 同社の製品は、容易に操作できることや、PCへのパフォーマンス負荷が少ないことなどの使い勝手の良さ、コストパフォーマンスが優れていた点が評価された。同学園ではWindows・Mac両方のセキュリティ環境の統一を考えていたため、「Kaspersky Endpoint Security for Mac」がリリースされたことも選択の要因になった。その後、WindowsとMacの両方のセキュリティ環境を一元管理できることの有用性が認められ、「Administration Kit」の導入に至った。

 従来は定義ファイルやセキュリティパッチをアップデートする際は、職員や講師に実行依頼メールを配信し、実施した旨を返信してもらうようにしていたが、正しくアップデートされたかは不明であった。また、生徒は作品の制作中にスキャンが始まると中止してしまうこともあった。「Administration Kit」を導入したことで、状況が一元的に可視化されるようになり、最新のセキュリティ状況が保てるようになった。以前のように1台1台をチェックする必要もなく、保守管理に煩わせられることもなくなった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】 エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス 【ソフトバンク コマース&サービス】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。 1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035382


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ