CST、仮想化環境の監視・管理ツールの新バージョンをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CST、仮想化環境の監視・管理ツールの新バージョンをリリース


掲載日:2011/07/22


News

 株式会社クラウド・スコープ・テクノロジーズ(CST)は、仮想化環境の監視・管理ツールの機能を強化した新バージョン「MoonWalker Version2.2」をリリースする。標準価格は、500万円から。

 「MoonWalker Version2.2」では、Hyper-Vを利用した仮想化環境の構成を“見える化”できるほか、自動ノード検出や自動設定機能が拡充され、運用者の利便性向上や負担軽減を図れる。

 “ライブマイグレーション自動追随機能”では、仮想サーバの稼働負荷情報などを監視して、システムを停止せずに、仮想サーバを他の物理サーバ上に移動させるライブマイグレーションを、自動で検知し、監視できる。新バージョンでは、Microsoft社のWindows Server 2008 R2のHyper-Vライブマイグレーションに対する自動追従機能が追加された。

 「MoonWalker」サーバ設置後、自動ノード検出機能を使用して、監視可能な機器を自動検出できる。指定したIPアドレスの範囲のネットワーク・セグメントに対し定期的に機器検出を行なうことで、追加された機器(管理対象になっていない機器)を検出できる。また、自動検出機能として監視対象ウィザード画面が用意されていて、ノード情報、リンク情報、関連性情報、VLAN情報を簡単に登録でき、監視設定を行なえる。仮想化環境下では、関連性情報として仮想ノード/物理ノードの関連性情報(構成の見える化)や物理ノード/ストレージの関連性情報(構成の見える化)を自動的に取得できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 標準価格:500万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 NEC Information Assessment System 【NEC】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
利用方法を変えずにファイルサーバを可視化、ソニー損保が選んだ管理ツールとは 企業のファイルサーバの利用実態 データ量削減にどう取り組んでいる? ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035374


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ