クォーレスト、業務用サーバ・クラスの高性能シャーシ使用WS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、業務用サーバ・クラスの高性能シャーシ使用WS発売


掲載日:2011/07/21


News

 株式会社クォーレストは、ワークステーション(WS)の新製品「C357WS4」シリーズを発売した。

 「Qualest C357WS4」シリーズは、業務用サーバ・クラスの高性能シャーシを使用し、信頼性と拡張性、長期安定性を兼ね備えている。6台のSAS/SATAディスクをマウントできるリムーバブルHDDベイを標準装備していて、シングル電源仕様と1+1のホットスワップ・リダンダント電源仕様(RPモデル)が用意されている。Z68 Expressチップセットを採用、LGA1155ソケットの第2世代Core i7/i5/i3を搭載できるほか、32GBまでのDDR3 2133/1866/1600/1333/1066MHzメモリを搭載できる。また、Realtek RTL8111Eコントローラを使用した2系統のGbEポートは、パフォーマンスと耐障害性の向上を図れるティーミング機能をサポートしているほか、NVIDIA Quadro 600グラフィックス・ボードを標準搭載している。

 RAID 0/1/5/10をサポートするIntelマトリックス・ストレージに対応した、2ポートの6Gbps SATAポートと4ポートの3Gbps SATAを装備しているほか、RAID 0/1をサポートしたMarvell 88SE9128チップ2個を利用した、6Gbps SATAポートとeSATAポートを各2ポート装備し、強力なストレージ環境とデータ・バックアップ機能を提供する。ペリフェラル・インターフェースとして、6ポートのUSB3.0ポート、4ポート(2ポートはフロント・パネル)のUSB2.0ポート、2ポート(リア)のIEEE1394a FireWireポートを装備、データのバックアップにも活用できる。

 2本のPCI Express 2.0 x16バス、2本のPCI Express 2.0 x8バス(x16ソケット使用)、1本のPCI Express 2.0 x1バス、2本の32ビットPCIバスを装備、高性能GPUを利用した、2-WayのATI CrossFireXやNVIDIA SLI環境を構築できる。また、6Gbps SAS/SATA RAIDコントローラを併用することもできる。

 無駄な発熱を抑えてシステム消費電力を低減する高効率PFC電源を装備しているほか、システムからの発熱量に応じて回転数が変化する3台のPWMファン(12cm×2、9cm)と、システム内の発熱部位から放出される熱を効果的に排出するエア・シュロードを採用していて、動作音の低減を図れる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035346


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ