NIコンサルティング、SFA新版で成功事例を共有できる機能を搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NIコンサルティング、SFA新版で成功事例を共有できる機能を搭載


掲載日:2011/07/21


News

 株式会社NIコンサルティングは、営業支援・顧客管理システム(SFA・CRM)「顧客創造日報」で、営業プロセスのベストプラクティスを自動でピックアップし、成功事例を全社で共有できる“サクセスナレッジ機能”を搭載した新バージョンを7月25日より順次発売する。

 “サクセスナレッジ機能”では、営業プロセスのベストプラクティスの仮説を立て、自動的に日々それを検証することで、営業プロセスを“見える化”し、営業活動のあるべき姿を規定できると同時に、成功事例を蓄積・共有し、営業担当者の受注率・商談成功率の向上を図れる。

 類似案件の成功事例をピックアップする“サクセスアシスト”では、自身の担当案件について、顧客業種や提案商材、販売金額など任意の条件から類似の受注案件を一覧で表示。過去の商談履歴を参照し、何がポイントとなって受注できたのか、どのような商談プロセスを経たのかを分析することで、成約に向けた次のアクションを考えるヒントにできる。

 成功事例をリアルタイムに通知して全社で共有する“サクセス通知”では、受注金額/商談期間/コンタクト効率/訪問効率で定義した“サクセス案件”の条件に合致した受注案件を自動で速報することで、タイムリーに成功事例を共有するとともに、営業担当者を動機づけ営業部門のモチベーション向上を図れる。

 受注案件の成功要因を表示する“サクセスナレッジ”では、受注案件の営業生産性を自動的に分析しグラフ表示することで、サクセスレベル(成功度合い)の高い案件を容易に把握でき、営業部門の情報共有を加速させられる。

 全社の受注傾向や受注要因を分析しベストプラクティスを標準化する“サクセス分析”では、部署別/担当者別/商材別/引合要因別/受注要因別など、受注案件を様々な切り口から分析できる。営業活動の成功パターンを標準化することで、営業プロセスの改善を図れる。

 パッケージソフトとクラウドサービスが用意されている。パッケージソフトは7月25日から発売され、価格は5ライセンスで20万円から。クラウドサービスは8月30日から発売され、月額利用料は1人あたり4000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない 【フュートレック】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【東日本電信電話】
CRM CRM CRM CRM CRM
「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035336


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ