アシスト、データ統合アクセラレータの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、データ統合アクセラレータの新バージョンを発売


掲載日:2011/07/15


News

 株式会社アシストは、データ統合アクセラレータ「Syncsort DMExpress」(開発元:米国Syncsort社)の新バージョン「6.8」を発売した。

 「Syncsort DMExpress」は、大量データのバッチ処理やデータ統合処理を高速化するユーティリティ。今回の新バージョンでは、特に入力データが12GBを超えるソート/集計/結合処理のスピード向上が図られているほか、作業領域のファイル圧縮による処理性能の向上が図られている。

 定義ファイルを比較し差異を検出するdmxdiffユーティリティや、定義ファイルを一括でまとめてバージョンアップするアップグレード・ユーティリティが追加された。また、ファイルやテーブルの値を参照しデータを抽出するLookup関数や、数式ビルダー内のコメント付与/フォーマット維持機能、他ETL製品からメタデータをインポートしDMExpress定義を自動生成する機能も追加された。

 入出力データ形式がbzip2にも対応したほか、Micro Focus Enterprise ServerのJCLからの呼び出し機能が追加された。Teradata Parallel Transporterにも対応した。Today関数の機能も拡張された。


出荷日・発売日 2011年7月14日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】 データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】
ETL ETL
SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035259


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ