Quest、VMware用バックアップ/リカバリソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Quest、VMware用バックアップ/リカバリソフトの新版を出荷


掲載日:2011/07/14


News

 日本クエスト・ソフトウェア株式会社(Quest)は、VMware ESX/ESXi用のバックアップ/レプリケーション/リカバリ・ソフトウェアの新バージョン「vRanger 5」を8月1日(予定)から出荷する。

 「vRanger 5」は、イメージ・ベースのデータ処理に最適化されていて、VMwareのフルバックアップや差分/増分バックアップを高速化できる上、バックアップ・イメージのサイズを削減できる。また、イメージからアクティブなブロックのみを読み込む“Active Block Mapping”機能を使用して、VMwareの高速なバックアップ/リストアを行なえる。

 日本語GUIが提供される。1つの仮想マシンのバックアップですべての種類のゲスト・データを保護できる。1つのバックアップ・イメージからすべての種類のデータをリストアでき、個々のファイルのリストア、DBのリストア、ゲスト・システムのフルリストアが可能。また、複数の仮想マシンを同時にバックアップ/レプリケーション/リストアでき、マシン数に制限はない。

 Windowsに加えLinux仮想マシンのファイル・レベル・リストア(FLR)も可能。わずかなステップの操作で、レポジトリ内のバックアップ・イメージから1つのファイルを迅速にリストアできる。また、バックアップ/レプリケーション時、AES(Advanced Encryption Standard)256ビットの暗号化が可能。

 「vRanger」を仮想マシンにインストールしていて、ESXiサーバ上の仮想マシンをバックアップする場合、ネットワーク経由に加え、LANフリーでのバックアップを高速化でき、バックアップ・ウィンドウを削減できる“HotAddディスク転送機能”に対応している。また、バックアップ・レポジトリ内のすべてのイメージのフル・カタログ情報が提供されるため、大容量の仮想データの中からファイルを迅速・簡単に見つけ出し、リストアできる。

 バックアップ/リカバリ(機能制限あり)を行なえる「vRanger Standard Edition」と、バックアップ/リカバリ(フル機能)とレプリケーションを行なえる「vRanger Pro」が用意されていて、価格はそれぞれ9万8000円/14万8000円(VMware ESX ServerのCPUソケット単位、初年度保守付)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 バックアップ環境事例:小松製作所 重複排除で伝送量を85%削減した方法 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035233


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ