Sky、クライアント運用管理ソフトウェアをAndroid搭載端末に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Sky、クライアント運用管理ソフトウェアをAndroid搭載端末に対応


掲載日:2011/07/13


News

 Sky株式会社は、官公庁・自治体・民間企業・団体など向けに、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.6」を発売した。

 「SKYSEA Client View」は、IT資産管理・ログ管理・ポリシーに沿った運用支援などをオールインワンで提供する。今回の「SKYSEA Client View Ver.6」は、見やすい画面や使いやすい操作性に加え、Android OS搭載端末に対応したほか、ソフトウェア資産管理(SAM)機能が強化され、様々なIT機器やソフトウェアを運用するために、“情報セキュリティ対策”と“IT資産運用”のトータルな管理を支援する。

 スマートフォン特有のリスクにも対応したモバイルデバイスマネジメント(MDM)の機能を活用できる(オプション)。スマートフォン情報を定期的に収集して、常に最新情報をもとに管理できるほか、操作ログを記録して、スマートフォンの利用状況を管理できる。また、スマートフォンの不適切な操作を検知して、機能制限や注意表示を行なえるほか、遠隔操作でスマートフォンのロック、データ消去を行なえる。

 正確なソフトウェア資産の管理と、円滑な運用を支援する“ソフトウェア資産管理(SAM)”機能では、操作性が向上していて、より効率的に管理・運用でき、SAMのPDCAサイクルの各フェーズで、適切な管理・運用を図れる。これにより、ソフトウェア情報登録支援機能を活用して、ソフトウェア登録を簡単に行なえるほか、Excel形式の申請書を使用して、ソフトウェア利用の申請/許可を各部署で対応できる。

 LANやBluetooth、WiMAXなどの各種通信デバイスの使用を制限でき、設定により社内ネットワークへの接続だけを許可し、その他の通信を制限できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク、監査請求の責任は誰に? 【ウチダスペクトラム】 設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に? 設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035220


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ