NEC、様々なコンテンツをPCなどに配信するクラウドサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、様々なコンテンツをPCなどに配信するクラウドサービス提供


掲載日:2011/07/12


News

 日本電気株式会社(NEC)は、電子書籍・映像・音声・ニュースなどのコンテンツを、PC・スマートフォン・タブレット型端末などに配信する「コンテンツ配信クラウドサービス」を7月末(予定)から提供する。

 「コンテンツ配信クラウドサービス」では、NECがコンテンツ配信プラットフォームを用意し、コンテンツプロバイダ(CP)から提供される電子書籍や映像、ニュース、音楽などのコンテンツを、企業や消費者に向けて、端末の種類や情報の形式を問わず配信できる。

 NECがCPから様々なコンテンツの提供を受け、それらを安全・安心に配信したり管理するための様々な機能を装備している。動画コンテンツの動きにあわせてテキストデータを流したり、利用者に対し、異なるメディアや複数のコンテンツを組み合わせて提供するなども行なえる。NECは配信プラットフォームに加え、Android搭載タブレット型端末「LifeTouch」などの端末までトータルに提案するほか、配信プラットフォームを、企業内に個別に構築するSI型でも提供できる。

 2つの提供形態が用意されていて、企業内で、社員にコンテンツ配信する形態が7月末(予定)に提供される。社員が利用する作業マニュアルや教育資料などを社内外で使用できる端末に配信するソリューションで、社員は、作業現場や社内教育で、紙マニュアルの参照が不要になり、常にデータを最新のものに更新することも容易に行なえる。また、打ち合わせやプレゼンの際には、資料の印刷不要で、手元の端末や会議室のディスプレイに表示できる。日時を指定した配信や、端末を指定した配信も行なえ、解禁日に合わせた資料配布や、開示範囲を指定した資料の共有などきめ細かな配信制御も行なえる。

 企業が、消費者に対しコンテンツ配信を行なう提供形態が、2011年秋(予定)にサービス提供される。電子書籍や地域情報など、企業がサービス事業者として消費者に対しコンテンツ配信サービスを提供する際、NECはサービスを実現する配信プラットフォームとともに端末の提供も行ない、トータルにサポートする。サービス事業者は、CPとの個別契約やコンテンツの登録・入稿・著作権管理、配信先の端末に合わせたコンテンツのフォーマット変換などの作業が不要になり、容易に配信サービスを開始できる。更に、端末側でのダウンロード数や閲覧状況、最終アクセス日時などを確認することで、サービス向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他WEB構築関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他WEB構築関連」関連情報をランダムに表示しています。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035207


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ