PKBソリューション、FeliCa利用したスタンプカードシステム提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PKBソリューション、FeliCa利用したスタンプカードシステム提供


掲載日:2011/07/12


News

 株式会社PKBソリューションは、FeliCaリーダ機器を利用した「スタンプカード(簡易版)システム」の無償提供を開始した。

 「スタンプシステム」では、FeliCaリーダとモバイル端末を利用することにで、簡単にスタンプポイントを貯められる。RapiNAVI Light、RapiNAVI Mini、ピットタッチ・mini、リーモリンクの4機種に対応している。まず、同社が運営するFeliCaリーダ販売比較サイトから、「スタンプシステム無償提供対象商品」を購入したユーザに対して提供される。

 Perl言語で記載されていて、標準で提供されるファイル群には、スタンプ柄画像なども含まれている。システムは、Perl言語が動作するCGIを利用できるWebサイトスペースがあれば、簡単に設置できる。

 FeliCaリーダ機器が取得したURLを利用することで、2重にスタンプ付与を防止する機能を備えているほか、指定スタンプ数に到達した時に、特別ページに案内するボタンを出力できる。スタンプカードのスタンプ枠数を任意に設定できるほか、空きスタンプ欄をブランク画像でデコレーションできる。また、スタンプ台紙の横枠数を任意に設定する機能を備えている(標準は5列)。

 “携帯電話判定機能”を備えていて、PCからの閲覧を禁止する機能を備えている。スタンプ満了時の自動クリアー機能を備えているほか、新規スタンプカードを自動発行する機能も備えている。また、何枚目のスタンプカードかを自動表示できる。

 スタンプ枠ページに任意の文面を差し込む機能、スタンプ満了時に任意の文面を差し込む機能を備えている。任意のスタンプ柄画像やブランク柄画像に変更できるほか、ページデザインを任意に変更できる(最低限のCGI、HTML知識が必須)。また、スタンプの発行記録を保存する機能(データバックアップ機能なし)や、スタンプ台紙に枠数字を自動的に入れ込む機能、指定制限時間内に再スタンプ発行を防止する機能を備えている。

 FeliCaリーダ機器の種類やユーザの希望により、携帯電話機器に発信されるURLを暗号化する機能などを設定できる。

 なお、システムの設置代行、オリジナルスタンプカードデザイン制作などは、有償サポートになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? 【日本ライフレイ】 カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 【セールスフォース・ドットコム】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】
CRM CRM CRM CRM CRM
サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035203


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ