ロジテック、同時接続ユーザ数無制限のキューブ型NASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテック、同時接続ユーザ数無制限のキューブ型NASを発売


掲載日:2011/07/11


News

 ロジテック株式会社は、Windows Storage Server 2003 R2 Express Edition、1.6GHz CPU、3GBメモリを搭載したキューブ型NAS「LSV-5S4CX」シリーズを7月中旬(予定)より発売する。

 「LSV-5S4CX」シリーズは、Ethernetネットワークに接続することで、Windows、Mac OS X、Linux各OSのクライアントPCとのファイル共有を行なえる。OSはWindowsクライアントとの親和性が高いWindows Storage Server 2003 R2を採用している。WSSに関してはCALが不要で、同時接続可能ユーザ数が無制限なので、様々なシーンで運用できる。また、Active Directoryのユーザ情報を利用したアクセス制限の管理を行なえる。

 搭載容量2TB/4TB/8TBの3つのラインアップが用意されていて、それぞれ同容量のHDD 4台を搭載しRAID 5を構成している。データ領域容量は、およそ1440GB/2940GB/5940GBで、RAID 5構成時は1台のHDDに障害が発生してもパリティデータを保持することで、データへのアクセスを維持でき、リビルド作業を行なうことで、通常状態に復帰させられ、故障発生時にもシステムを最小限にしてメンテナンスできる。また、ギガビットイーサネット対応ポート×2、メール通知機能を搭載していて、企業やSOHO環境での使用にも適している。

 ファイル単位ではなく、ディスク(ボリューム)単位で暗号化する“ディスク暗号化機能”が用意されていて、ディスク盗難対策も行なえる。また、障害やイベントのメール通知機能や省電力化を図るための電源管理など、Windows Storage Serverでは未サポートの管理機能を「ロジテックツール」として追加していて、より便利に運用できる。

 EUの“RoHS指令(電器・電子機器に対する特定有害物質の使用制限)”に準拠していて、環境に配慮している。

 価格は、2TBの「LSV-5S2T/4CX」が15万8000円、4TBの「LSV-5S4T/4CX」が17万8000円、8TBの「LSV-5S8T/4CX」が21万8000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】 SUBARU「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ SUBARU「アイサイト」開発の舞台裏、実験映像データの統合管理 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる? SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035201


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ