MathWorks、Simulinkモデルの自動エラー検出のための機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MathWorks、Simulinkモデルの自動エラー検出のための機能を提供


掲載日:2011/07/11


News

 MathWorksは、Simulinkモデルで自動エラー検出を可能にするために、Polyspace解析技術を搭載した「Simulink Design Verifier 2.0」の提供を開始した。価格は、120万円から。

 「Simulink Design Verifier 2.0」では、Polyspaceエラー検出機能が既存のプロパティ検証やテスト生成機能と統合されるため、設計エラーの根本的原因の発見や修正にかかる時間を短縮できる上、検証と妥当性確認にかかる全体的なコスト削減を図れる。

 これにより、航空宇宙、自動車、医療、産業オートメーション、産業機械の各分野で、形式的解析手法を使用してモデルベースデザインを適用でき、詳細なテストやシミュレーション不要で、SimulinkモデルやStateflowモデルの設計上の欠陥を特定できる。

 また、デッド ロジック、整数や固定小数点のオーバーフロー、ゼロ除算、アサーション違反などを検出できるほか、機能的な要求仕様やセキュリティに関する要求仕様をモデリングするためのブロックや関数を備えている。機能的な要求仕様とモデル カバレッジの目標から、ベクトル生成をテストできるほか、解析とデバッグを行なうために違反の例を生成し、プロパティを検証できる。固定小数点と浮動小数点のモデルをサポートしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 120万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035199


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ