日本IBM、広範囲のメンバーと協働作業を行なえる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、広範囲のメンバーと協働作業を行なえる製品を出荷


掲載日:2011/07/07


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、ソフトウェア開発ライフサイクル全体でチームメンバーが進捗状況などを共有してスムーズな協働作業を行なう“コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント”を実現する3製品の新版と、設計に関する情報を開発メンバーと共有する“コラボレーティブ・デザイン・マネージメント”を実現する2つの新製品を出荷した。

 “コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント”では、要求定義を改善・効率化するIBM Rational Requirements Composer、作業管理や構成管理を行なうIBM Rational Team Concert、テスト管理と品質管理を行なうIBM Rational Quality Managerの3製品の新版をシームレスに統合し、同一の画面から連携できるようにする。

 複数ツールを統合するオープンな基盤技術のOSLC(Open Services for Lifecycle Collaboration)を活用して、オフィスツールや他社製ソフトウェアなど既存ツールと連携させることで、“コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント”を拡張できる。また、Rational Team ConcertにIBMのソーシャル・ソフトウェアIBM Connectionsの機能を統合することで、ブログなどのソーシャル・ネットワーク機能を活用して、開発者以外との協働作業を行なえる。

 “コラボレーティブ・デザイン・マネージメント”では、組み込み開発向けの設計管理ツールRational Rhapsody Design Manager、IT開発向けの設計管理ツールRational Software Architect Design Managerの2製品が追加され、開発メンバー間のコミュニケーションを促進し、関連する設計要素を統合することで設計開発の効率化、品質向上を図れる。

 例えば、設計リーダは設計図や設計要素を表示させ、ブラウザ上で図やコメントを付与し、設計担当者にレビュー結果を伝え、設計担当者は既存設計ツールのRational RhapsodyやRational Software Architectを使用し、設計リーダの指示をリアルタイムに受け取り、設計要素を編集できるため、遠隔地での作業者とも適時に設計情報をすり合わせられ、品質の向上を図れる。

 また、OSLCを活用することで、“コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント”と連携でき、設計に対して要求、開発、テストを紐づけることで、開発ライフサイクル全体でのトレーサビリティーを確保でき、コラボレーションの領域を設計にも拡大できる。


出荷日・発売日 2011年7月6日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

コーディング不要の超高速開発ツール「Low-code Platform」とは 【ビルドシステム】 ビジネスとITの橋渡しをする Mendix App Platform 【ビルドシステム】 Excel関数入力ができるなら、もっと便利な業務アプリが作れる 【日本マイクロソフト】 画像処理ソフトウェア SDK ImageGear(イメージギア) 【ラネクシー】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
「コーディングしない」開発を始めよう――生産性6倍となる秘訣 デジタルイノベーションをビジネスに取り込み、アイデアを素早く形にするには、開発・運用体制が肝になる。アジャイル化、内製化を推し進めるプラットフォームとは。 Excelの式入力ができるなら、同じ手間でもっと便利な業務アプリ作成ができる 世界最高水準の画像処理ソフトウェア開発キット。世界で5000万本以上の利用実績を持ち、2000以上の画像処理メソッド・プロパティを提供する。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035161


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ