デンソーウェーブ、新技術搭載のバーコードハンディスキャナ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デンソーウェーブ、新技術搭載のバーコードハンディスキャナ発売


掲載日:2011/07/05


News

 株式会社デンソーウェーブは、バーコードハンディスキャナの新機種「AT20B」シリーズを8月31日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「AT20B」シリーズは、157mm×63mm×80mm/重さ約105g(本体のみ)のコンパクトなガンタイプのボディに最新の読み取りソフトを搭載、流通・医療・製造など様々な分野で活用できる。ボディには、衝撃ラバーを採用、1.8m耐落下性能、保護等級IP42を備えている。本体・エラストマ・トリガは抗菌仕様を採用していて、雑菌の繁殖による変色などを防止でき、医療現場などでも長く清潔に使用できる。

 読み取りエリアを明示するLEDマーカが細くなっていて、背の低い医薬品のラベルや湾曲したラベルも狙いやすく、読み取り作業の効率向上を図れる。また、アドバンストスキャンを搭載していて、従来機比約2倍の高速読み取りを行なえるほか、公共料金の振込用紙や医療材料などに印刷されている幅広バーコードや、かすれや汚れのある印字品質の悪いバーコードの読み取り性能が向上、読み取り深度が向上したことで、狙ったバーコードを即座に読み取れる。また、握りやすいラウンディッシュでコンパクトな軽量ボディで、長時間運用の疲れの低減を図れる。

 事前に登録したマスタバーコードと読み取ったバーコードの一致・不一致を判定する“バーコード照合機能”や、ラベルを検出すると自動的に読み取りを開始する“オートセンス機能”、上位機器からのコマンドで、読み取りオン/オフを行なえる“ソフトウェアトリガ機能”などの機能を搭載している。また、主に医療業界で使用されているGS1 DataBar(RSS)の読み取りにも対応している。

 専用設定ソフト「ScannerSetting」(無償)で設定用バーコードをプリンタから出力、「AT20B」で読み取ることで一括設定を行なえるため、導入時の工数削減を図れる。なお色は、白モデル「AT20B-SM」と黒モデル「AT21B-SM」の2種類が用意されていて、POSレジなどの接続先のデザインに合わせて選択できる。


出荷日・発売日 2011年8月31日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035119


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ