博報堂アイ・スタジオ等、タブレット活用の営業・接客支援を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


博報堂アイ・スタジオ等、タブレット活用の営業・接客支援を提供


掲載日:2011/06/29


News

 株式会社博報堂アイ・スタジオは、タブレット端末を活用した営業・接客支援ツール「スマートセールス」を、博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンターと共同で開発し、サービス提供を開始した。

 「スマートセールス」では、販売店やショールームの店頭、訪問販売先など、場所を選ばず営業活動に適したプレゼンテーションを行なえるほか、業務改善やマーケティングのツールとしても活用できる。電子カタログ・見積シミュレーション・アンケートといった機能を持つアプリや、顧客リストやマーケティングデータの作成機能、それらを管理するハイブリッドクラウド(物理サーバとクラウドサーバをハイブリッドに構成したサーバ)、タブレット端末のレンタルなどがパッケージで提供される。

 電子カタログでは、PDFなどの静的な情報に加え、動画や音楽、3DCGなどを活用したプレゼンテーションが可能。また、AR(拡張現実)を活用して商品のプレゼンテーションを行なうことで、興味の喚起を図れる。

 電子カタログと連動した見積シミュレーションを活用することで、商品を解説しながらリアルタイムに見積を作成でき、作成した見積と該当する商品情報のみをまとめた、顧客1人ひとりの“マイカタログ”を印刷できる。更に、蓄積した顧客情報から、様々な条件でセグメントした顧客リストを抽出し、DMやメールを用いたピンポイントな情報発信も行なえる。また、自由度の高いオンラインアンケート機能も装備し、顧客のニーズをすばやく効率的にDBへ格納できる。

 接客時の電子カタログでの閲覧内容、見積価格、アンケート内容、顧客の個人情報などは、ハイブリッドクラウドで一元管理される。リストの作成や営業状況の把握を社内で共有できるほか、商品や年代、店舗ごとの顧客の傾向を分析でき、次の商品開発にもつなげられる。また、ハイブリッドクラウドでは、すべてのデータが暗号化されるほか、アプリ独自のパスワード機能や、紛失時の遠隔データ消去など、様々なセキュリティ機能が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM CRM CRM
知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035014


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ