ナナオ、4K×2K対応の92cm(36.4)型カラー液晶モニタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ナナオ、4K×2K対応の92cm(36.4)型カラー液晶モニタを発売


掲載日:2011/06/28


News

 株式会社ナナオは、産業市場向けの92cm(36.4)型カラー液晶モニタ「DuraVision FDH3601」を9月7日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「FDH3601」は、36.4インチの大画面に4K×2K(4096×2160ドット)の高解像度を表示できるほか、2K×2Kの2画面表示(4096×2048ドット)や、QFHD(3840×2160ドット)表示にも対応していて、大量の情報表示が求められる地理情報表示や航空管制、地図測量などに適している。

 最大輝度は700cd/平方メートルで、周囲が明るい場所でも高い視認性を備えている。光源のバックライトに白色LEDを採用しているため、暗所でもまぶし過ぎず目が疲れにくい、約30cd/平方メートルの暗い輝度まで安定して調整できる。輝度の調整範囲が広いため、日中と夜間で照度が大きく変化する環境などにも適している。

 画質面では、16ビットLUTを利用した多階調化処理を行なえるほか、10ビット対応の約10億7374万色を同時表示でき、滑らかな階調表現を行なえる。表示ムラを抑制するデジタルユニフォミティ補正回路と、広視野角/低色度変位の液晶パネルを採用しているため、画面上の表示位置や見る角度に影響されにくい均一な表示を参照できる。

 24時間連続使用で2年間の長期保証が付属するため、航空管制や災害対策用途など長時間使用での高い耐久性が求められる用途に使用できる。また、バックライトに採用している白色LEDは、CCFL(冷陰極管)に比べて長寿命で、ユーザの離席時に自動でモニタ電源のオフ作業を行なう人感センサEcoView Senseの働きがバックライトの劣化を抑制するため、長期間安定した表示性能の維持を図れる。

 モニタ位置を広範に調整できる、昇降・チルト・スウィーベルに対応したスタンドを採用している。表示コンテンツに合った適切な表示モードを5つのモードから切り替えられるほか、暗所でもボタン操作を容易に行なえるボタンガイド機能を搭載している。DVI-D、DisplayPort入力端子を各2系統搭載していて、DisplayPort入力は、著作権保護技術HDCPに対応している。また、VESAマウント取付孔を搭載しているほか、フリーマウント使用時は縦置き(ポートレイト)表示も行なえる。


出荷日・発売日 2011年9月7日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20035004


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ