ネットスプリング、LDAPベースの認証サーバを“学認”に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットスプリング、LDAPベースの認証サーバを“学認”に対応


掲載日:2011/06/28


News

 株式会社ネットスプリングは、全国の大学等と国立情報学研究所(NII)が連携して運用を開始している“学術認証フェデレーション”(学認:GakuNin)の相互認証連携システム“Shibboleth”への対応を開始し、学術教育研究機関向けに、異なる組織間でシングルサインオンを行なえる機能を提供していく。

 第1弾として、同社のLDAPベースの認証アプライアンスサーバ「AXIOLE」のファームウェアに、“Shibboleth”のIdP(Identity Provider)機能を、オプションで、2011年第4四半期にリリース予定の「AXIOLEバージョン1.10」と同時に提供開始する予定。「AXIOLE」が本来提供しているLDAPベースの機能をユーザリポジトリにし、更に装置内にIdP機能も動作させられるため、サーバ機器を増やさずにIdP環境の構築とユーザリポジトリとの連携を容易に行なえる。

 “Shibboleth”環境で利用されることの多い属性などがあらかじめ定義されていて、職種・利用資格などの属性を「AXIOLE」のWebUIから編集できる。必要なメタデータなどのテンプレートが標準提供される。また、フェデレーション内にWebアプリケーションが追加された場合、その情報が定期的に「AXIOLE」内に取り込まれるため、自動的に新しいWebアプリケーションを利用できるようになる。

 どこのWebアプリケーションからどのユーザがIdPの認証を受けたかという識別情報“Stored ID”(persistent-id)を「AXIOLE」内部で持続的に保持できる。IdP認証時に“Stored ID”を送信することで、Webアプリケーション側でユーザ単位で前回の情報を参照でき、自動復元などを行なえる。“Stored ID”の検索・ダウンロード・削除などの管理機能も提供される。

 「AXIOLE」の管理WebUIでIdPログを管理でき、IdPによる認証を受けたユーザ、Webアプリケーション、要求・応答の内容の参照や保存・転送などの管理を容易に行なえる。また、「AXIOLE」の冗長構成を採用することで、IdP機能も冗長化できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 AXIOLE 【ネットスプリング】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 指ハイブリッド認証 【NEC】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034996


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ