富士通、Xeon E3ファミリー等搭載可能なPRIMERGY 1WAYサーバ提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、Xeon E3ファミリー等搭載可能なPRIMERGY 1WAYサーバ提供


掲載日:2011/06/23


News

 富士通株式会社は、クアッドコアCPU「XeonプロセッサE3ファミリー」と、デュアルコアCPU「Core i3-2100プロセッサ」「PentiumプロセッサG620」を選択できる、1WAYタワー型/ラック型サーバ「PRIMERGY TX140 S1」、1WAYタワー型コンパクトサーバ「PRIMERGY TX120 S3」を7月上旬より、1WAYラック型サーバ「PRIMERGY RX100 S7」を7月中旬より提供する。

 3機種すべてで、サーバ本体のシステムボード上に標準搭載されているリモート管理用コントローラが強化されていて、ネットワーク経由でサーバの状態監視や設定、電源制御などを行なう際の処理性能、操作性が向上している。また、オプションで、サーバ前面部からLAN接続を行なえ、運用性が向上している。

 今回新たに提供される「PRIMERGY TX140 S1」は、中小規模システムに適した1WAYサーバで、上位機種並みの優れたパフォーマンスを備えながら、必要十分な機能に絞ったことで低価格を達成している。

 機能強化された「PRIMERGY TX120 S3」は、従来機種と同様の省スペース性を備えながら、3.5インチHDDを搭載できる上、2.5インチHDD4本搭載時のバックアップ装置を内蔵でき、拡張性が向上している。これにより、利用用途・利用環境に応じて、柔軟なシステム構成を選択できる。また、メモリを最大32GBまで拡張でき、パフォーマンスの向上も図れる。

 「PRIMERGY RX100 S7」では、新たに電源の冗長化オプションが提供され、電源ユニットの故障時にも業務の継続性を確保できる。

 交流電圧から直流電圧への変換効率が高い電源ユニットを採用していて、エネルギー消費効率が最適化されている。「PRIMERGY RX100 S7」は、450W電源に、80 PLUSプログラム最上位のプラチナ認定に準拠する高効率電源ユニットを採用している。交流から直流に変換する際の変換効率を高めることで、ピーク時に加え、低負荷時の効率も向上する。今後は、「PRIMERGY」の他モデルでも同プログラムの認定取得を予定している。

 なお価格は、「PRIMERGY TX140 S1」が12万6900円から、「PRIMERGY TX120 S3」が10万7900円から、「PRIMERGY RX100 S7」が12万9900円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034937


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ