デル、エントリークラスのストレージアレイにFCモデルを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、エントリークラスのストレージアレイにFCモデルを追加


掲載日:2011/06/17


News

 デル株式会社は、エントリークラスのストレージアレイ「PowerVault」シリーズで、ファイバチャネル(FC)接続に対応するSANストレージ「PowerVault MD3600f」「PowerVault MD3620f」を発売する。

 「PowerVault MD3600f」シリーズは、8Gbps FC接続に対応し、性能、柔軟性、拡張性に優れたエントリークラスのSANストレージ。高い可用性と、災害対策ソリューションへの対応などの機能を備えている。二重化されたコントローラは、それぞれ、8Gbps FCポートを4ポート備え、FCスイッチ不要で冗長構成も構築できる。

 拡張性に優れていて、FCスイッチを使用した構成では、最大64物理ホストと接続できるほか、「PowerVault MD1200」または「MD1220」ディスクエンクロージャを接続することで、最大96台のディスクドライブまで構成を拡張でき、用途に合わせて、3.5インチのディスクエンクロージャと2.5インチのディスクエンクロージャを混在接続できる。更に、各ディスクエンクロージャ内には、SSD、SAS、ニアラインSAS、自己暗号化ドライブ(Self-Encrypting Drives:SED)を混在して実装できる。

 データ保護に関する機能として、スナップショット、バーチャルディスクコピー、リモートレプリケーションに対応、データをより効率的・効果的に保護する。「PowerVault」シリーズの複数世代、複数プロトコルに対応したクライアントベースのJavaアプリケーションとしてMDストレージマネジメントソフトウェア(MDSM:MD Storage Management software)が提供され、直感的ながら、管理面や機能面で優れたインターフェースを備えられる。また、仮想化環境で使用する場合は、VMware vCenterのプラグインを利用することで、単一インターフェースでストレージを管理できる。

 ITシステムの要件と予算に合わせて、容量コストパフォーマンス重視の“MD3600fシングルコントローラ構成”、容量コストパフォーマンスと可用性の“MD3600fデュアルコントローラ構成”、IOPS性能重視の“MD3620fシングルコントローラ構成”、IOPS性能と可用性の“MD3620fデュアルコントローラ構成”の4つの構成が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034860


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ