コアマイクロシステムズ、I/O毎秒3GBのRAIDストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コアマイクロシステムズ、I/O毎秒3GBのRAIDストレージを発売


掲載日:2011/06/16


News

 コアマイクロシステムズ株式会社は、最大で48台のHDDをサポートし、毎秒3GBのI/Oスループットを達成した、大容量ステージングキャッシュと高帯域I/Oを統合したスループットQoS型次世代RAIDストレージ「SuperRAID II」を発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「SuperRAID II」は、ホスト接続として12G SAS(3G×4レーン)と同時に4G FCをサポートしたDAS & SAN同時接続型のハイブリッドSANストレージで、HD/2K/4K非圧縮映像をダイレクトに、スムーズに運用できる。16TBの「SR2-R3016SF/A1000x16」、32TBの「SR2-R3016SF/A2000x16」、9.6TBの「SR2-R3016SF/S600x16」、15.3TBの「SR2-R3016SF/S960SSDx16」と、拡張エンクロージャ「JB-R3016S/xxxxx16」が用意されている。

 高速映像ストリーム用ハイブリッドRAIDで、連続書込みスループットは最大毎秒2.4GB、連続読み出しスループットは最大毎秒3GB。高速ランダムI/O対応SSDモデルが用意されているほか、12G SAS & 4G FC DAS & SANに同時対応する。毎秒3GBの高速ボリュームを同時SAN共有できるほか、スイッチレスダイレクトSANに対応している。また、オプショナルSANファイル共有ソフトウェア(SNFS、METASANなど)が用意されている。

 これらにより、HD/2K/4K非圧縮映像編集、H264映像並列エンコーティング、VOD/IPTVマルチストリーム配信といった用途で利用でき、映像取り込みから編集プロセスの統合、高帯域ストレージ共有による並列プロセス化、マルチストリーム映像同時配信を図れる。


出荷日・発売日 2011年6月15日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034843


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ