KDDI、法人音声定額FMCに内線番号利用のCメール送受信を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、法人音声定額FMCに内線番号利用のCメール送受信を追加


掲載日:2011/06/13


News

 KDDI株式会社と沖縄セルラー電話株式会社は、法人音声定額FMCサービス「KDDI ビジネスコールダイレクト」に、内線番号を利用して定額料金内でCメール送受信が利用できる“内線Cメール機能”を7月13日に追加する。

 「KDDI ビジネスコールダイレクト」は、au携帯電話サービスとKDDI固定電話サービスを利用したボイスクラウドサービスで、auケータイ、auスマートフォン、固定電話といったマルチデバイスと既存のPBX設備を活用して簡単に内線網を構築でき、内線番号を利用した国内通話を定額料金で利用できる。

 “内線Cメール機能”では、「KDDI ビジネスコールダイレクト」の音声通話で利用できる、“内線番号”“定額”環境をCメールでも利用できる。auケータイ、auスマートフォンで内線番号を利用したCメール送受信に加え、PC専用WebページからのCメールの送受信を行なえる。PCから100通までの同時送信機能を備えている。PCでのCメール開封をauケータイ、auスマートフォン電話側に通知する“開封お知らせ機能”、PCでのCメール受信時に指定した固定電話あてに音声ガイダンスで通知する“受信お知らせ機能”も備えている。

 移動中などで電話が利用しづらい状況でも、Cメールを利用することで、相手の状況に配慮したスピーディなコミュニケーションを図れる。また、携帯電話未所有の内勤者でも、PCの専用Web画面からCメールを利用できるほか、「KDDI ビジネスコールダイレクト」に登録されたauケータイ、auスマートフォン、PC内だけのセキュアなメールなので、迷惑メールなどを回避できる。

 また同社は、“内線Cメール配信API”を7月13日より無料提供する。ユーザのシステムから受けた情報(テキストメッセージ)を「KDDI ビジネスコールダイレクト」に加入しているauケータイ、auスマートフォン、PCあてに送付でき、ソフトウェア製品との連携や、要望に応じたシステム連携を容易に行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】 Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】
IP-PBX IP-PBX
既存のPBXやIP電話をSkype for Businessと簡単に統合する手法とは 働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034785


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ