日立、企業間ビジネスメディアサービスにSaaS事業支援を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、企業間ビジネスメディアサービスにSaaS事業支援を追加


掲載日:2011/06/08


News

 株式会社日立製作所(日立)は、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」で、企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」に「SaaS事業支援サービス」を追加、グローバル対応のB to B向けSaaSを新規に開始するアプリケーションベンダ向けに6月9日からサービス申込み受付・審査を開始し、7月11日より提供する。

 「SaaS事業支援サービス」では、「TWX-21」のより多くのサービスメニューをアプリケーションベンダと連携開発し、産業向けマーケットプレースの強化を図る。実績あるSaaSのサービス立ち上げ・運営ノウハウを活用することで、低コスト・迅速なサービス立上げを図れる。

 アプリケーションベンダがクラウド形式でサービスを試行提供し、ユーザが評価・検証した結果を踏まえ、業務システムクラウドが提供される。サービスとして、システム運用・プラットフォーム、SaaS型業務アプリケーション部品、契約・会員管理システムと業務代行、課金管理システムと回収代行、ヘルプデスク代行、会員のニーズ収集や情報発信基盤(Webサイト、ユーザ連絡会など)といったサービスが提供される。SaaS立ち上げ・運営のプロセスは、業務プロセス管理などを整備、SaaS立ち上げ・運営サポートのコンサルテーションメニューとして体系化されている。

 これらにより、アプリケーションベンダは、システムの機能、運用、稼働監視、保守などの技術面やSLA(Service Level Agreement)の検討、申込みから請求までの業務運用などを短期間で効率的に行なえ、サービスの試行や本番提供するまでの期間、工数の低減を図れる。

 B to B向けSaaS「TWX-21」の基盤を活用した高品質なサービス提供が行なわれるため、エンドユーザ企業のニーズを反映したサービス機能の開発・提供に専念できる。また、「TWX-21」では、ユーザ連絡会、定期アンケート、グローバルヘルプデスクといった各種施策を通じて、エンドユーザ企業からニーズを収集し、業界活動を活かした標準化への働きかけと標準機能のサポートを繰り返し行なう“循環型エコシステム”を利用することで、ユーザニーズを継続的にサービスにフィードバックできる。

 なお月額価格は、1サービス20万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:1サービス20万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034717


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ