ATENジャパン、サーバの電源を遠隔制御できる0uのPDUを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ATENジャパン、サーバの電源を遠隔制御できる0uのPDUを出荷


掲載日:2011/06/08


News

 ATENジャパン株式会社は、「ALTUSEN」シリーズの新型インテリジェントPDU 4機種を価格改定し、7月中旬(予定)より出荷する。

 今回出荷されるのは、リモートからサーバの電源を遠隔制御できる12ポートの「PN5212」と20ポートの「PN5320」、更に温湿度センサによる環境監視にも対応した12ポートの「PN7212」と20ポートの「PN7320」。ラックマウント0u(1u=高さ44.45mm)サイズの縦型で、ラックの外側に垂直方向に取り付けられる。リモートからサーバの電源を切る場合、サーバに制御信号を流してからシャットダウンシーケンスに入るため、ローカル操作と同様に安全な手順で機器を停止できる(対応OS:Windows XP/Vista/7/Server 2003/Server 2008)。

 PDU単位(全モデル)、またはアウトレット単位(「PN7212/PN7320」)で、使用電流値などの数値をリアルタイムに計測でき、管理者は製品に接続された機器の電源の状況を正確に把握できる。これらの計測値が警告しきい値を超えた場合は、メールやアラームなどで管理者に通知されるため、迅速な対応を図れる。また、電源・電力などのデータを記録できる関連ツール「パワーログサーバー」が提供され、ログデータの分析も支援する。

 「PN7212/PN7320」では、オプションの温度・湿度センサを併用することで、サーバルームの温度や湿度を計測できる。計測値はWebブラウザから簡単に確認できるため、管理者は現場に足を運ばずにラック環境を監視できる。

 なお価格は、「PN5212」が10万円、「PN7320」が15万3000円などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034698


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ